Lumion 12.0:リリースノート③「変更点と解決されたエラー」

Lumion 12.0:リリースノート③「変更点と解決されたエラー」


3. 変更点と解決されたエラー

編集モード

3.1:オブジェクト、オブジェクトライブラリ

3.1.1:オブジェクトプロパティ

  • 位置をランダムにする:選択されたすべてのオブジェクトの位置が同じだった場合、一部のオブジェクトの位置を変更しないようになりました。
  • サイズをランダムにする:ランダム化の値を設定すると、確認ボタンを使って変更を適用するのではなく、選択範囲に直接適用されるようになりました。

    Lumion 12Lumion 11
    mceclip1.pngmceclip0.png
         
  • サイズをランダムにする:スライダーの値を変更すると、現在の選択範囲にのみ適用され、それ以降の選択範囲ではデフォルト値が適用されます。. 
  • オブジェク間のスペースを均等にする:スライダーの値を変更すると、現在の選択範囲にのみ適用され、それ以降の選択範囲ではデフォルト値で開始されます。

    Build_Mode_-_Space_objects_evenly__Distance_Slider_2.png
  • 置き換える:グループを選択できるようになりました。

    Build_Mode_-_SReplace_Selection_-_for_a_Group__HelpText.png
  • 置き換える:ロックされたオブジェクトは、置き換えに含まれなくなります。

3.1.2:オブジェクトツール

  • 配置:ホットキーのCTRLを使って複数配置を行うと、ボックスの選択矩形が無効になっていました。
  • (位置を)入力する:新しい編集ボックスで問題を解決しました。 マウスをドラッグして値を選択したときに、入力を簡単に無効にできるようにするなど、いくつかの問題を解決しました。 また、入力フィールドを変更したときに、値が白でハイライトされたままになることがあります。
  • 削除ボタン - 選択されたオブジェクト選択範囲にロックされたオブジェクトが含まれている場合、削除ボタンに「選択したオブジェクトの一部が削除できません」という警告が追加されます。 

    Build_Mode_Tools_-_Delete_-_warning_for_Locked_objects_-_SDome_selected_objects_cannot_be_deleted__HelpText.png

3.1.3:グループ

  • グループ編集モード:グループ編集モードのとき、ALTホットキーがホットキーヘルプの一部として表示されなくなりました。
  • グループ:マテリアルモード、ランドスケープモード、ウェザーモードでは、グループの移動、回転、サイズ変更、削除ができなくなりました。
  • グループ編集モード:このモードでグループアイコンを削除すると、インターフェースが閉じるようになりました。

3.1.4:ライトオブジェクト

  • オムニライト -> フィルライト夜間帯のみ点灯オプションは、このライトタイプには適用されないため、削除されました。
  • オムニライト:一部のネイチャーオブジェクトがカメラとライトの間に位置していた場合、極端に光ることがなくなりました。
  • エリアライト:光源の色を修正しました。色を設定しても、明るさによっては光源が白く表示されることがありますが、そうでない場合は選択された色になります。 また、純白ではなくハイパーライトが選択されます。

    Area-Line_Lights_-_Area_Light_-_Show_Light_Source.png
    mceclip2.png

3.1.5:ブジェクトライブラリ

  • 各種オブジェクト:着色できなかった一部のオブジェクトで、カラーホイールのアイコンが表示されなくなりました。 

    Color_wheel_icon.png
  • 各種オブジェクト:マテリアルが壊れていたライブラリの一部のオブジェクトに対して、正しいシェーディングが行われるようにマテリアルを修正しました。

  • 欠落したモデル:ライブラリオブジェクトの1つが欠落している場合、ライブラリのサムネイルに「疑問符」が表示されるようになりました。
  • 欠落したモデル:赤いクエスチョンマークは、シーンの中央(0,0,0)に移動するのではなく、元の位置に配置されます。(ライブラリオブジェクトが欠落しており、そのグループを含むシーンまたはグループが読み込まれている場合)


3.2:ランドスケープ

  • 高度:「高度」ボタンがアクティブな状態で他のランドスケープボタンをクリックしても、ランドスケープの高さが少しずつ変化することがなくなりました。
  • 高度:TAグループは、場所に関係なく、高さを変更する必要がなくなり、ランドスケープの高さを変更するときに、より高い「床」の表面に移動することがあります。
  • ペイント:ペイントカラーマスクの解像度を向上させ、地形上のブラシストロークを小さくできるようになりました。(注意:これは高度モードでのブラシの解像度には影響しません)

  • 海:設定が変更されたときに、「反射」のキューブマップが更新されるようになりました。
  • 新しいシーンを開いて「ランドスケープ」→「水」をクリックしても、水の平面が自動的にシーンに配置されなくなりました。


3.3:マテリアル

  • 新しいサブカテゴリ: 様々なカテゴリーに新しいサブカテゴリー「その他」を追加しました。  
  • ビデオマテリアル:フレームレートが 1 以下または 300 以上の不適切なビデオテクスチャを、Lumion が読み込んで再生しなくなりました。 カラーマップスロットに警告が表示されるようになりました。

    Material_Editor_-_Color_Map_-_Video_texture_file_-_Wanring_The_movie_file_failed_to_load__HelpText_b.png
  • TIFファイルのテクスチャ:TIFファイルのテクスチャの明るさが正しくなりました。
  • 3D芝生:スタンダードマテリアルが割り当てられている面のすぐ上にこのマテリアルの面があった場合に、3D芝生に黒い影のアーチファクトが表示されなくなりました。
  • 一般:マテリアルエディタを開いたり閉じたりしても、場合によってはインポートモデルのすべてのサーフェスが黒くなることがなくなりました。
  • 毛皮:RGBタブを削除し、インターフェイスにカラースウォッチボタンを追加しました。 
  • ビルボードマテリアル:オブジェクトのプロパティでビルボードマテリアルを割り当てられたインポートモデルで、着色が利用できるようになりました。
  • スタンダードマテリアル:透明度を使用するように設定されている場合、マテリアルはワックス塗装プロパティのシャドウを使用しなくなりました。
  • スタンダードマテリアル -> ノーマルマップ:カラーマップが読み込まれていないときに、ノーマルマップの方向を反転させることができるようになりました。
  • マテリアルライブラリ:マテリアル -> Outdoo -> Plaster -> Evermotion Plaster 001 2048 のディスプレイスメントの設定が修正されました。


3.4:インポート、エクスポート

  • インポートモデルの選択:ソースファイルがネットワーク上の場所にある場合、インポートモデルを選択する際に Lumion が一時的にハングすることがなくなりました。
  • Collada:AutoCADおよびBricsCADからエクスポートしたColladaファイルをインポートしたときに、シェーディングが崩れなくなりました。
  • FBX: 特定の FBX ファイルが Lumion へのインポート時にクラッシュしなくなりました。
  • インポート モデル ライブラリ:ライブラリを開く際にモデルを事前に選択しなくなりました。
  • モデルインポート:モデル名やフォルダ名が長すぎる場合のメッセージが変更されました。新しいメッセージは以下の通りです。
      • モデル名「モデル名は文字にしてください」
      • フォルダ名:「フォルダ名に32文字以上の文字を使用してはいけません。」

3.5:カメラ、ムービー、360°パノラマモード

3.5.1:ムービーモード

  •  レコード/クリップ編集  FX On/Offボタンを有効/無効にしても、タイムラインのスライダーやカメラビューの位置が変わらなくなりました。.

    Clip_-_Clip_Editor_-_FX_Button.png
  • イメージシーケンス:イメージシーケンスを25FPSでレンダリングしたときに、一部のフレームが欠落する問題を解決しました。

3.6:エフェクト、スタイル

  • 一般 - 複数のライト選択:。 「ライトカラー」、「グローバルイルミネーション」、「ボリュームスポットライト」において、ボックス選択ツールを使って複数のライトを一度に選択することができるようになりました。
  • エフェクトセット:エフェクトの中でマウスのバックボタンを押すと、エフェクトを終了してエフェクトセットに戻ります。

  • グローバルイルミネーション:エフェクトセットでグローバルイルミネーション効果を無効にすると、最終出力で計算されなくなります(カメラ、ムービー、パノラマ) 
  • レイヤー可視性 - (ムービーモード):キーフレームを追加するためのエフェクトの他のスライダと同じ動作をするようになりました。 エフェクトの設定を変更する前に、キーフレームを作成する必要がなくなりました。 
  • 正投影:シンプルなテキストオブジェクトが、このビューに対して正しくレンダリングされるようになりました。
  • 正投影:ビルボードマテリアルが割り当てられた 3D モデルは、正投影図でレンダリングしても 2D 形状に見えなくなりました。Lumion 11 では、ボックスは平らな正方形としてレンダリングされましたが、 Lumion 12では、カメラアングルに応じて、他の3Dボックスとしてレンダリングされます。
  • アウトライン:ファインディテールネイチャーは他のネイチャーオブジェクトは、同じようにアウトライン化しないようにしました。
  • フォトマッチング:[ESC]キーを押して編集モードを終了すると、変更した内容もキャンセルされるようになりました。
  • プリントポスターエンハンサー:ノイズ除去の段階で、平面反射が含まれるようになりました。
  • チルトシフト:回転スライダは、度を使用するように更新されました。 0から1までの値を使用する代わりに、0度から180度までの値を表示するようになりました。
  • タイトル -> フローティング:パーティクルサイズがLumion 8.5の時のサイズに復元されました。
  • 反射:シーンに重複したReflection Planesを割り当てることはできなくなりました。
  • ライトカラー:いくつかのカラーレベルにおいて、シャドウエフェクトでシャドウが設定されていても、ライトがクリッピングされたり、消えたりすることはなくなりました。

 

3.7:保存、読み込み、リカバリー機能

  • LSファイルをLumionで保存:テキストオブジェクト(Simple Text)を含むプロジェクトのサムネイルは、テキストオブジェクトだけでなく、シーン全体を表示するようになりました。


3.8:インターフェース 

  • インターフェースのマイナー変更 
      • 反射:Speedray Reflectionバーの下のレイアウトを修正しました。
      • チュートリアルを新しいレイアウトに調整しました。
      • 編集モードチュートリアルの一部を変更しました。
      • インポートモデルライブラリ:ページ数が多い場合に、ページネーションがソートボタンと重なる問題を修正しました。
      • シャドーの設定のウルトラシャープボタンが特定の言語で Effect レイアウトの外にはみ出すことがありました。
      • 「レンダリングムービー」のタブの順序を、「クリップをレンダリング/ムービーをレンダリング」、「現在のフレーム」、「イメージシーケンス」から次のように変更しました。.

        mceclip4.png
      • オブジェクトをノードに配置、置き換え:グループ編集、集団配置との整合性を図るため、タイトルを追加しました。
      • その他、軽微なテキストとレイアウトの変更。
  •  
  • 様々な細かいテキストの変更。:「新規プロジェクトの作成」テンプレートの選択タイルから「Create」を削除しました。 保存されたLumionのバージョンを表示する際に、スペースが欠けていたのを修正しました。 ヘルプ-> ヒントの一つのための重複したテキストを削除します。 一部のラベルテキストを修正しました。
  • サムネイルタイトルテキスト:「写真」、「クリップ」、「パノラマ」ビューのサムネイルタイトルのテキストレンダリングを修正しました。サムネイルのサイズに合わせてテキストを折り返す際に余分な文字が表示され、また、異なる外観になっていました。

 

3.9:その他

  • サンプルプロジェクト: 最適化されてました。未使用のリソースがシーンから削除され、エフェクトが最適化されました。その結果、ファイルサイズが小さくなり、レンダリング時間が短縮されました。.

    Examples_-_Examples_main_screen_680p.jpg
  •  新規 -> ショーケーステンプレート:写真1に設定されているエフェクトスタックが、ムービー全体にも適用されるようになりました。
  • 翻訳:Lumion は、サーバー上の翻訳が PC 上の翻訳よりも新しい場合にのみ、翻訳ファイルをダウンロードするようになりました。

 

3.10:その他の修正 

  • 何時間もアイドル状態が続いても、Lumion がクラッシュしなくなりました。
  • 多数の写真、クリップ、パノラマを含む復元ファイルを開いたときに、Lumion がクラッシュすることがなくなりました。 



    • Related Articles

    • Lumion 11.0:リリースノート③ 「変更点と解決されたエラー」

      【Lumion 11.0 リリースノートのリンク】 Lumion 11.0:リリースノート① 「新機能のハイライト」 Lumion 11.0:リリースノート② 「その他の新機能と改善点」 3. 変更点と解決されたエラー 3.1:編集モードとオブジェクトライブラリ 編集モード: シアタービュー:ファンクションキーF11エフェクト適用下での編集からシアタービューに入ることができるようになりました。 集団配置:「ランドスケープに基点を合わせる」のテキストの大文字化が修正されました。 ...
    • Lumion 10.0:リリースノート③ 「変更点と解決されたエラー」

      【Lumion 10.0 リリースノートのリンク】 Lumion 10.0:リリースノート① 「新機能のハイライト」 Lumion 10.0:リリースノート② 「その他の新機能と改善点」 3. 変更点と解決されたエラー 3.1:編集モードとオブジェクトライブラリ  エリアライト:幅と長さの入力が正常に機能するようになりました。 スポットライトの明るさ:スライダーの最大値が100,000になりました。(これまでは50,000が最大でした) ...
    • Lumion 11.3:リリースノート② 「変更点と解決されたエラー」

      【Lumion 11.3 リリースノートのリンク】 Lumion 11.0:リリースノート① 「新機能のハイライト」「その他の新機能と改善点」 3. 変更点と解決されたエラー 3.1:編集モード ランドスケープカッター:これらのオブジェクトを含む複数のプロジェクトを同じLumionセッションで開いた場合、黒くなることがなくなりました。 ネイチャーオブジェクト:2000個以上のオブジェクトが選択されている場合、[ 移動 ]、[ 回転 ]、[ スケール]ツールが使用できなくなり、グレー表示します。 ...
    • Lumion 12.3.1:リリースノート

      Lumion 12.3.1:リリースノート 【互換性】 Lumion 12.3で保存されたプロジェクトやモデルは、古いバージョンのLumionでは開けません(=下位互換性はありません) 以前のバージョンのLumionから設定、モデル、プロジェクトを移行する方法については、以下のリンクをクリックしてください。 ナレッジベース:Lumion 12.3.1に関する情報 変更点と解決されたエラー 編集モード: オブジェクトライブラリ: ...
    • Lumion 12.5:リリースノート

      Lumion 12.5:リリースノート 2022年5月31日 Lumion 12.5とLumion 12.5 Proは、Lumion 12ユーザー向けに本日より無償ダウンロードとアップデートを開始します。 また、Lumion 12.5 Trial、Lumion 12.5 Pro Trial、Lumion 12.5 Pro Studentも本日より提供開始します。 【互換性】 Lumion ...