プロジェクトの「複雑さ」をどのように判断しますか?

プロジェクトの「複雑さ」をどのように判断しますか?

1. プロジェクトの複雑さと必要なハードウェアについて



1.1:理由

Lumionでの体験は、あなたが作成するプロジェクトの種類に適したハードウェアに依存しています。

高性能なハードウェアであればあるほど、より複雑なプロジェクトに対応することができます。また、レンダリング時間もより速くなります。
パフォーマンスに影響を与えるプロジェクトの内容は、その複雑さの観点から測定されます。 例えば、以下のようなものです。
  1. オブジェクトの数と詳細さ。
  2. デザインモデルに含まれるポリゴン/サーフェスの数。(Lumion では 3D ポイントと呼ばれる)
  3. 最高のレンダリングを得るために使用されるエフェクトの種類。

ハードウェアがプロジェクトを処理するために十分な性能を持っていれば、画面上のスピードやレンダリング時間において、良い経験を得ることができます。
そしてそれは、あなたのプロジェクトのビジュアライゼーション/レンダリングの目標を達成するのに役立ちます。

1.2:ハードウェア環境

CADでの作業は、Lumionでの作業のようなフルリアルタイムの3D環境とは少し異なります。 また、ハードウェアの要件も、特にグラフィックカードに関して異なるかもしれません。
ただし、Lumion用のハードウェアを使えば、同じPCでCADも同様に動作させることができます。

場合によっては、Lumion専用のワークステーションとしてPCを用意することもお薦めします。 CADとLumionの両方に既存または新規のハードウェアをインストールすることも可能です。

オフィスでは、性能の異なる複数のPCや年式の異なるPCが影響し、それぞれ異なる設計要件で使用されることもあると思います。
どのようなハードウェア環境であっても、PCの性能、特にグラフィックカードの性能は、Lumionがその機能を発揮する上で重要な要素です。

1.3:プロジェクトの内容

みなさまは今後のプロジェクトがどのようなものか、将来どのようなプロジェクトをクライアントに提供したいという思いを持っているかもしれません。
そのプロジェクトを行うために、どのハードウェアがLumionで動作するのかを判断する主な方法の1つは、プロジェクトを既存のプロジェクト例と照らし合わせて、複雑さのレベルと必要なハードウェアレベルを見つけることです。

1.4:ハードウェアとプロジェクトが一致しない場合

  1. ハードウェアがプロジェクトの内容に見合った性能を持っていない場合、速度低下が起こります。
  2. プロジェクトを構築し、ハードウェアを圧するほど変更を追加し続けると、速度低下やその他の問題が発生します。

これらの速度低下は、画面の再描画(FPS)が低く、Lumion、Windows、およびシステムが画面を更新するのに必要以上に時間がかかることを意味します。あまり長く待たされることは、常に受け入れられるとは限りません。

速度低下は、レンダリング時間が長くなりすぎるという結果を招きます。 レンダリング設定に長い時間がかかってしまいます。
レンダリング時間が長すぎると、納期を守るのが難しくなり、より良いビジュアライゼーションを作成する機会も減ってしまいます。

1.5:必要なこと

プロジェクトの複雑さを判断し、ハードウェアの要件をそれらに合わせてください。

正確な数値はありません。 これは範囲であり、近似値です。
ハードウェアがプロジェクトの複雑さにどの程度適合し、影響を与えているかはプロジェクトごとに特有の事柄があります。
  1. プロジェクトが全く同じであることはないので、必要とする可能性のあるハードウェアのアイデアを得るための試みです。 Lumionを使いこなし、作成したいビジュアライゼーションを作成することを目的としています。 
  2. さまざまな要件、つまり複雑さを持つプロジェクトがある場合、プロジェクトの最高要求に対応することを目指すことを推奨します。 
  3. ここで決定した複雑さのレベル以上に必要なハードウェアの性能を上げ、より多くの能力とオプションを与える必要があります。
  4. 編集モードとレンダリングモード(カメラモードなど)では、パフォーマンスに影響する「複雑さ」の度合いが異なる場合があります。


2. プロジェクトの複雑性を判断するためのステップ



プロジェクトの複雑さを示す視覚的な指標

2.1:サンプルプロジェクトを見る

下記記事でプロジェクトの画像を見て、ご自身のプロジェクトに近いものがどれかを確認してください。
  1. ナレッジベース:プロジェクトの「複雑さ」をどのように判断するか - Lumionのサンプルプロジェクト
  2. ナレッジベース:プロジェクトの「複雑さ」をどのように判断するか - ユーザー事例
確認後、この記事に戻ります。

もし、このサンプル集が、あなたのプロジェクトと遠い場合や、他のLumionユーザーのプロジェクトを見て、さらにアイデアを得たい場合はLumionコミュニティーにアクセスしてプロジェクトを見てみてください。
  1. Lumion Community(メーカー):ギャラリー
  2. Lumion Community(メーカー):ユーザーショーケース

2.2:ハードウェアのレベルを定義

2.2.1:上記の例の複雑さと関連するハードウェアレベルの値を使用し、この表からそれらに一致するレベルを探します。


例えば、あなたのプロジェクトは、エクステリアや一戸建て/二戸建て/小規模な住宅分譲地に近いとします。 複雑さのレベルは6、ハードウェアレベルは2の「推奨」ハードウェアです。

2.2.2:上の表からパスマークとメモリの値を求めます。
例えば、複雑さが6の場合、パスマークが18000〜20000、8〜16GBのメモリが必要です。

2.3:グラフィックスカードを探す

下記リンクからパスマークとメモリが同等以上のグラフィックカードをお探しください。
  1. 外部リンク:PassMark Softwere:Video Card List

2.4:現在のプロジェクト

現在のプロジェクトの場合、ハードウェアレベルが既存のハードウェアと一致しているか確認します。

2.4.1:一致しない場合、既存または新規のハードウェアのアップグレードを検討してください。
  1. ナレッジベース:Lumion 12を使用するにはどのようなコンピューターが必要ですか?
  2. ナレッジベース:Lumion12にはどのグラフィックカードが必要ですか?

2.4.2:上記を行って問題が継続するようでしたら、次に下記を参照し、プロジェクトの見直しを検討してください。
  1. ナレッジベース:Lumionのパフォーマンスを向上させるにはどうすればよいですか?
  2. ナレッジベース:Lumionでより速くレンダリングするにはどうすればよいですか?

2.4.3:改善しない場合、プロジェクトの評価とアドバイスをさせて頂きますので、下記よりお問い合わせください。(モデリングデータの提供をお願い致します。)
  1. リンク:お問い合わせ

2.5:作成予定のプロジェクト

プロジェクトが将来作成する予定のものであれば、上記のステップで必要なグラフィックカードはわかります。 確認の上、必要なハードウェアを総合的に検討します。 以下の記事を参照してください。
  1. ナレッジベース:Lumion 12を使用するにはどのようなコンピューターが必要ですか?
  2. ナレッジベース:Lumion12にはどのグラフィックカードが必要ですか?

2.6:簡単な方法

上記の手順を実行するには、少し時間がかかります。 より早く、直接的な方法が必要な場合は、以下の方法を検討してください。

2.6.1:ハイエンドのハードウェアを必要としないプロジェクトでは、推奨される環境内の一番上のハードウェアを選択します。
  1. リンク:動作環境

2.6.2:それ以外の場合は、できるだけ要件の高い最適な環境のハードウェアを検討します。 つまり、できるだけ高いPassMarkを持つGPUの導入をご検討ください。
  1. リンク:動作環境

2.6.3:予算が限られているかもしれませんが、3年間の投資回収として検討してみてください。

    • Related Articles

    • プロジェクトの「複雑さ」をどのように判断するか - ユーザー事例

      メイン記事: ナレッジベース:プロジェクトの「複雑さ」をどのように判断しますか? プロジェクトの複雑さを判断するためのステップ 1. 下記のプロジェクトの画像を見て、あなたのプロジェクトに近いものを探してみてください。 ユーザー事例   A. Bedroom Suite with an Outdoor Pool: Credits: Jimmy 3D 複雑度 (1 to 9): 2 詳細な寝具、インテリアモデル、最高品質のエフェクト設定。 エクステリアのディテールを限定したシングルルームモデル。 ...
    • プロジェクトの「複雑さ」をどのように判断するか - Lumionのサンプルプロジェクト

      メイン記事: ナレッジベース:プロジェクトの「複雑さ」をどのように判断しますか? プロジェクトの複雑さを判断するためのステップ 1. 下記のプロジェクトの画像を見て、あなたのプロジェクトに近いものを探してみてください。 Lumion サンプルプロジェクト A. Glass house: 複雑度 (1 to 9): 2   ハードウェアレベル: 1:必要最低限の環境   3Dポイント数: 編集モード:29 カメラモード:35 to 42 オブジェクト:329   B. Villa Cabrera: ...
    • LiveSyncはLumionプロジェクトのインポート済みのモデルとどのように連携しますか?

      1. 以下がその方法です LiveSyncは、Revit、SketchUp、Rhino、ArchiCAD、Vectorworksのモデルが現在のLumionプロジェクトのモデルのいずれかに類似しているかどうかを確認します。Lumionでモデルを直接更新できるようにするためです。 LumionはLiveSync接続を再開する前に、モデルファイル名を使用してモデルが同じか異なるかを確認します。 モデルファイルの名前または場所が大幅に変更された場合は、LiveSyncを手動で再接続する必要があります。 ...
    • Lumionのパフォーマンスを向上させるにはどうしたらいいですか?

      Lumionプロジェクトがハードウェアに対して複雑すぎる場合、それをスムーズに処理するために必要なシステムメモリと仮想メモリが不足していると、プロジェクトのパフォーマンスが低下します。 ハードウェアが動作可能なパラメータ内でプロジェクトを維持するには、経験とLumionのソフトウェア要件を理解することが必要で、これがシーンを効率的に構築するための鍵となります。 プロジェクトがハードウェアに対して複雑すぎる場合、次のような症状が現れます。 ...
    • Lumionにモデルをインポートする前に、モデルの複雑さをどのように軽減しますか?

      1. 方法は次の通りです ご利用のハードウェアに対して複雑すぎるモデルをインポートしようとすると、インポートに時間がかかる場合があります。 インポートプロセスの速度をあげるには、次の手順をお勧めします。 1.1:Lumionでモデルをインポートする前に、モデリングソフトで重要でない面を非表示にします 1.2:.DAE形式ではなくLiveSyncにてモデルをエクスポートします。これは、高速かつ必要なリソースが少ないためです。 ...