オムニライト、フィルライト、エリアライトからの光がモデルを透過するのはなぜですか?

オムニライト、フィルライト、エリアライトからの光がモデルを透過するのはなぜですか?

1. Lumion11.3以降

V11.3以降でオムニライトを使用した場合、光がモデルを通過しなくなりました。 このバージョンには、オムニライトのための影が含まれています。


下記のリリースノート1.1項オムニライトの影を参照してください:

  1. ナレッジベース:Lumion 11.3:リリースノート①「新機能のハイライト」「その他の新機能と改善点」



オムニライトは、スポットライトと同様に影(品質設定用)があり、[影の除外範囲]で電球内などのオブジェクト内に光を入れる必要がある場合に影を除外することができます。
パフォーマンスが必要な場合は、フィルライトやエリアライト、ラインライトなど(照明要件に応じて)影の無いライトを使用してください。

注:編集モード(バージョン12.0以降)でスポットライトを選択する場合。
多くの影を投影するライトを選択した場合のパフォーマンス上の理由から、リアルタイムの影のプレビューは5つに制限されるようになりました。


2. Lumion 11.0.2以前

2.1:オムニライト

オムニライト(Omni Light)の位置に面している表面のみを照らします。
レンダリング速度が非常に速く、カメラから遠い場所などあまり正確な照明を必要としない場所に最適です。



2.2:エリア/ラインライト

エリア/ラインライト(Area/Line Light)の位置に面する表面のみを照らします。
レンダリングが非常に速く、広い空間を照らすのに適しています。




2.3:フィルライト

フィルライト(Light Fill)の位置に面するかどうかに関係なく、すべての表面を照らします。
レンダリングが非常に速く、カメラから遠い場所などあまり正確な照明を必要としない場所に最適です。




2.4:スポットライト

スポットライトの光はオブジェクトを通過しないため、影ができます。

スポットライトで影を確認する方法は下記の通りです。
編集モードでスポットライトを選択する。
編集/カメラ/ムービー/360°パノラマモードで[ F8 ]を押して影をプレビューする。
カメラ/ムービー/360°パノラマをレンダリングする。

上記の方法が行う必要があるのはパフォーマンス上の理由です。このライトはレンダリングに時間がかかり、より多くのメモリを必要とします。





関連情報:

  1. ナレッジベース:スポットライト/オムニライトが影を投影しないのはなぜですか?
  2. ナレッジベース:スポットライトプロパティのスライダーとボタンは何ができますか?

    • Related Articles

    • スポットライト/オムニライトが影を投影しないのはなぜですか?

      1.理由は次のとおりです パフォーマンス上の理由から、スポットライトからの影は、編集モード、カメラモード、ムービーモードではデフォルトで表示されません。ただし、静止画や動画をレンダリングするとスポットライトの影は表示されます。 2.編集モードでスポットライト/オムニライトの影をプレビューする方法 2.1:エディタ品質が2つ星(ミディアム品質)以上に設定されて いることを確認します。 (品質の変更は設定画面以外でもF2、F3またはF4でも設定できます) ...
    • Lumion 12.0:リリースノート③「変更点と解決されたエラー」

      【Lumion 12.0 リリースノートのリンク】 Lumion 12.0:リリースノート①「新機能のハイライト」 Lumion 12.0:リリースノート②「その他の新機能と改善」 3. 変更点と解決されたエラー 編集モード 3.1:オブジェクト、オブジェクトライブラリ 3.1.1:オブジェクトプロパティ 位置をランダムにする:選択されたすべてのオブジェクトの位置が同じだった場合、一部のオブジェクトの位置を変更しないようになりました。 ...
    • レンダリングしたムービーが静止画より暗くなることがあるのはなぜですか?

      1. これが理由です [ ハイパーライト ]エフェクトを使用している場合、ハイパーライトは、ムービーやイメージシーケンスの光線の跳ね返りの範囲が、静止画よりも短い範囲でレンダリングされます。 そのため、ムービーやイメージシーケンスのハイパーライトは、静止画に比べて暗く表示されます。 これは、ムービーとイメージシーケンスでレンダリング速度を高く、ノイズを低く保つための仕様です。 ムービーモードの[ 現在のフレーム ]タブでレンダリングされた高範囲ハイパーライトの例: ムービーモードの[ ...
    • Lumion 11.3:リリースノート①「新機能のハイライト」「その他の新機能と改善点」

      建築家は、1つの重要な理由でLumionを使用するのが大好きです。それは、レンダリングに命を吹き込みます。 デザイン開発であろうと大規模なクライアントプレゼンテーションであろうと、Lumion 11.3は、建築家とレンダリングの芸術をさらに近づけることにより、レンダリングプロセスを強化し続けます。  Lumion ...
    • Lumion 11.3:リリースノート② 「変更点と解決されたエラー」

      【Lumion 11.3 リリースノートのリンク】 Lumion 11.0:リリースノート① 「新機能のハイライト」「その他の新機能と改善点」 3. 変更点と解決されたエラー 3.1:編集モード ランドスケープカッター:これらのオブジェクトを含む複数のプロジェクトを同じLumionセッションで開いた場合、黒くなることがなくなりました。 ネイチャーオブジェクト:2000個以上のオブジェクトが選択されている場合、[ 移動 ]、[ 回転 ]、[ スケール]ツールが使用できなくなり、グレー表示します。 ...