Lumion 11.3:リリースノート①「新機能のハイライト」「その他の新機能と改善点」

Lumion 11.3:リリースノート①「新機能のハイライト」「その他の新機能と改善点」

建築家は、1つの重要な理由でLumionを使用するのが大好きです。それは、レンダリングに命を吹き込みます。

デザイン開発であろうと大規模なクライアントプレゼンテーションであろうと、Lumion 11.3は、建築家とレンダリングの芸術をさらに近づけることにより、レンダリングプロセスを強化し続けます。 

Lumion 11.3は、一枚の紙にスケッチするのと同じくらい自然なシンプルさで、デザインする空間のムード、生活、独自性を表現する際にガイドします。インテリアプロジェクトの寝室全体に光を拡散し、壁や天井に家具の鮮やかな影を落とします。あなたがデザインした家で実際の生活がどのように展開するかについての美しさ、雰囲気、または混沌としたニュアンスを公開します。ランドスケープデザインや商業ビルを通して人々の動きを伝えるときは、少し味を加えてください。 

 

Lumion 11.3 Pro, Lumion 11.3は、Lumion 11ユーザ向けの無料アップデートとして本日提供されています。また、Lumion 11.3 Trial、Lumion 11.3 Pro Trial、Lumion 11.3 Student版も本日より提供されます。

 

【重要】互換性

  • Lumion 11.0で保存されたプロジェクトやモデルは、古いバージョンのLumionでは開けません(=下位互換性はありません)これには、V11.0 / V11.0.1 /V11.0.2も含まれます。
  • 以前のバージョンのLumionから設定、モデル、プロジェクトを移行する方法については、以下のリンクをクリックしてください。

    ナレッジベース:Lumion 11.3に関する情報

【Lumion 11.3 リリースノートのリンク】

Lumion 11.3:リリースノート② 「変更点と解決されたエラー」

アスタリスク(*)が付いた機能、モデル、およびマテリアルは、Lumion 11.0Proのみ使用できます。

[ 製品 ] > [ 仕様 ]タブも参照してください。

 

1.新機能のハイライト

1.1:オムニライトの影

光で空間を照らせば、その物語は影から展開されます。

OMNI_LIGHT_RENDER_2_720p.jpg

Lumion 11.3に搭載されたオムニライト用の新しい影を使えば、建築デザインをダイナミックな照明の活力でレンダリングが自然にプロセスの一部となります。
「オムニライト」オブジェクトを適用するだけで、あとはLumionが処理してくれます。
光と影が生き生きとして、正確に見え、あなたのデザインが曲に合わせて踊りだします。

 

mceclip0.png

オムニライトに影が追加されました。(品質設定はスポットライトと同様に3種類) また「影の除外範囲」が追加され、電球の中など、オブジェクトの中にライトを入れる必要がある場合、その範囲の影を除外することができます。

 

1.2:複数のClip plane(クリッププレーン)

Clip_planes_exmaple-2x_clips_and_layers.png

すべての建築作品には独自の持ち味と品質があります。それは本来、建築家の個性であり、独自のスタイルです。しかし、Lumion 11.3では、複数のクリッププレーンを使って、デザインのすべての層を複数の角度から明らかにすることができます。

  • 最大で3つのクリッピングプレーンを使用できます。
  • 指定のレイヤーをクリップするか、すべてのレイヤーをクリップするかを設定します。
  • 各クリッププレーンを任意のレイヤーに配置または移動できます。

 

1.3:キャラクターのカラーリングシルエット

建築レンダリングの世界では、デザインがショーの主役です。
そこで、デザインを邪魔することなく、プロジェクトに関する深いレベルの情報を明確に伝えたい場合、Lumion 11.3で提供されるキャラクターの新しいカラーリングシルエットを活用することができます。

SIHLOUETTES_RENDER_720p.jpg

 

1.4:グループ選択の改善

Lumion 11.3ではグループの選択と編集が改善されました。Lumionプロジェクトとその中のすべてのオブジェクトとオブジェクトグループの管理をさらに細かくコントロールできるようになりました。

Group _-_ links_shown_tmp.png

上の画像のように、グループを選択すると、そのグループに含まれるすべてのオブジェクトへのリンクが表示されます。

以前のバージョンでは、ユーザーが「すべてを選択」カテゴリーを選択しているときにのみ、グループを選択することができました。現在アクティブなカテゴリーのオブジェクトがグループに含まれている場合は、いつでもグループを選択することができるようになりました。
これにより、コンテンツの多いシーンでグループを操作する際に便利になりました。

グループ内のオブジェクトは、「グループを編集」に入らなくても選択できるようになりました。これにより、色の変更やライトのパラメータの調整など、オブジェクトプロパティで素早く調整することができます。位置、回転、スケールなどを変更する場合は、グループ編集に入る必要があります。

1.4.1:グループ

  • グループにアクティブなオブジェクトカテゴリーのオブジェクトが含まれている場合も、グループが選択できるようになりました。
  • グループが選択されていると、オブジェクトのプロパティで「グループを編集」ツールを使わずに、オブジェクトのプロパティを直接変更することができます。「すべてを選択」が選択されている場合、グループ内のすべてのオブジェクトを選択できます。
    他のカテゴリーが選択されている場合、グループ内のオブジェクトのうち、そのカテゴリーに属するものだけを選択できます。位置、回転、スケールはグループ内のオブジェクトに対してはロックされます。
  • グループ編集では、オブジェクトの高度な機能が削除されました。(「焦点をあてる」、「位置をランダムにする」、「向きをランダムにする」、「サイズをランダムにする」、「ランドスケープに基点を合わせる」、「ランドスケープに沿って合わせる」は利用できます)
  • スポットライト、ユーティリティー、サウンドFXは、グループの回転では無視されます。

 

1.5:グリッドとメジャーオブジェクトのレンダリング

壁の高さはどれくらいですか? 屋根の傾斜は?2つのオブジェクトはどのくらい離れていますか?
これらは、クライアント、同僚、その他の関係者が知っておく必要のある典型的な情報です。Lumion11.3では、デザイン全体のすべての寸法を示す、情報量の多い美しい画像やアニメーションを巧みに作成することができます。

MEASUREMENTS_RENDER_720p.jpg

  • グリッドまたはメジャーオブジェクトの「レンダリング」を選択するとレンダリングできます。
  • グリッドとメジャーオブジェクトにカスタムカラーを設定できます。
  • グリッドやメジャーオブジェクトを任意のレイヤーに配置、移動できます。

Grid_render_and_color.png

 

2. その他の新機能と改善点

2.1:編集モード

  • ファインディテールネイチャー:ほとんどの制限がなくなりました。
    • Alt+Moveでコピーできます
    • グループへの追加
    • ノードの置き換えとノードへの配置
  • ライトオブジェクトのギズモの改善: 
    • ギズモのスケールはワールドサイズではなく、スクリーンスペースサイズになりました。
    • 高さの線の表示は、選択されたとき(編集モード)にのみ表示されます。
    • ギズモのスケールは、大きな円錐角でも幅の広い円錐を作成しなくなりました。

2.2:エフェクトとスタイル

2.2.1 反射:機能を明確にするため、ユーザーインターフェースを更新しました。

  • これには文言の変更とインターフェースの調整が含まれています。

Reflections_Effect_UI.png

Reflection_Effect_with_hints_text _-_ Planar.png

Planar_Reflections_UI.png

2.2.2 マテリアルハイライト:

エフェクトスタックに複数回適用することができ、シーン内のさまざまな面をハイライトすることができます。

Material_Highlight_Effect_b.png

 

2.3:その他

2.3.1 チュートリアル:

「フォトモード」と「ムービーモード」に初心者向けのチュートリアルを追加しました。

チュートリアル_-_ Photo_Mode_example.png

2.3.2 通知: 

新しいLumionのバージョンが利用可能になると、ホーム画面に通知が表示されます。

new_version_notification _-_ beta_test_look-edited.png

2.3.3 エラーの保存ファイルの保存中にエラーが発生した場合、個別のエラー画面が表示されるようになりました。

2.3.4 読み込みと保存の進捗状況:タスクバーのLumionアイコンに進行状況が表示されるようになりました。

Loading_in_icon.png

2.3.5 光源と鏡面反射

オムニライトに光源が追加され、オン/オフを切り替えることができるようになりました。
光源をオンにすると、オムニライトの光源が反射して見えるようになります。

light_source_for_Omni.png

    • Related Articles

    • Lumion 11.0:リリースノート② 「その他の新機能と改善点」

      Lumion 11.0:リリースノート② 「その他の新機能と改善点」 【Lumion 11.0 リリースノートのリンク】 Lumion 11.0:リリースノート① 「新機能のハイライト」 Lumion 11.0:リリースノート③ 「変更点と解決されたエラー」 2. その他の新機能と改善点 編集モード 2.1:ネイチャーカテゴリオブジェクト Lumion 11では、ファインディーテールネイチャーオブジェクトと同じように、X、Z軸を中心に回転するオプションが追加されました。 2.2:集団配置 ...
    • Lumion 10.0:リリースノート② 「その他の新機能と改善点」

      Lumion 10.0:リリースノート② 「その他の新機能と改善点」 【Lumion 10.0 リリースノートのリンク】 Lumion 10.0:リリースノート① 「新機能のハイライト」 Lumion 10.0:リリースノート③ 「変更点と解決されたエラー」 2. その他の新機能と改善点 編集モード 2.1:編集可能なランドスケープの範囲が広がりました。(編集モード:ランドスケープタブ) 編集可能なランドスケープは、赤枠で囲まれた10 x 10 kmの正方形と 黄色の正方形で囲まれた2 x 2 ...
    • Lumion 12.0:リリースノート②「その他の新機能と改善点」

      【Lumion 12.0 リリースノートのリンク】 Lumion 12.0:リリースノート①「新機能のハイライト」 Lumion 12.0:リリースノート③「変更点と解決されたエラー」 2. その他の新機能と改善点 編集モード 2.1:オブジェクトライブラリ Lumionライブラリ:パフォーマンスを改善しました。以前のバージョンと比較して、より応答性が良くなりました。 2.1.1:キャラクタービルボード、ビルボードマテリアル (セクション1もご覧ください) ビルボードオブジェクト - 2Dの人物 ...
    • Lumion 10.0:リリースノート① 「新機能のハイライト」

      Lumion 10.0:リリースノート① 「新機能のハイライト」 【重要】 Lumion 10.0で保存されたプロジェクトやモデルは、古いバージョンのLumionでは開けません(=下位互換性はありません)。 その他、Lumion 10.0に関する基本情報は下記の記事をご確認ください。 ナレッジベース:Lumion 10.0に関する情報 【Lumion 10.0 リリースノートのリンク】 Lumion 10.0:リリースノート② 「その他の新機能と改善点」 Lumion 10.0:リリースノート③ ...
    • Lumion 11.0:リリースノート① 「新機能のハイライト」

      Lumion 11.0:リリースノート① 「新機能のハイライト」 【重要】 Lumion 11.0で保存されたプロジェクトやモデルは、古いバージョンのLumionでは開けません(=下位互換性はありません)。 その他、Lumion 11.0に関する基本情報は下記の記事をご確認ください。 ナレッジベース:Lumion 11.0に関する情報 【Lumion 11.0 リリースノートのリンク】 Lumion 11.0:リリースノート② 「その他の新機能と改善点」 Lumion 11.0:リリースノート③ ...