Rhinoceros LiveSyncプラグイン

Rhinoceros LiveSyncプラグイン

1. 最新のダウンロードリンク

RhinoLumionダウンロードリンク※Windows限定
Rhino 6.10+Lumion 9.0以降Lumion LiveSync for Rhino 6.10 or newer

2.古いバージョンのプラグインをアンインストールする

2.1:(起動中であれば)Rhinoを閉じます
2.2:以下のファイルをダウンロードして解凍します。
次に、解凍したUninstall Lumion LiveSync for Rhino.batファイルを右クリックし、[ 管理者として実行 ]を選択します。
(Windows Defenderが警告を表示した場合は、[ 詳細情報 ]をクリックしてから[ 実行 ]をクリックします。)
  1. ダウンロードリンク:Uninstall Lumion LiveSync for Rhino plugin
2.3:上記1よりLumion LiveSync for Rhinoを再度ダウンロードし、インストールを行ってください。
※詳しいダウンロード・インストール方法は下記3の内容を参照ください。

3. ダウンロード・インストール方法

3.1:Lumion LiveSync for Rhino 6.10 or newer をクリックし、プラグインのダウンロードページに移動したら、画面右上の緑のボタン「Download」をクリックします。



※この時に、food4Rhinoへログインする必要があります。アカウント未登録の場合は先に登録を行ってください。

3.2:プラグインの「lumionlivesyncforrhino番号.rhi」がダウンロードできたら、ファイルを開きます。

3.3:[ Rhinoパッケージインストーラー ]が表示されるので、インストールします。



3.4:インストールした後、Rhinoを起動させ、メニューバーに「Lumion®」ボタンが表示されていれば完了です。



4. ダウンロード・インストールのエラー

4.1:「Package not complatible(パッケージに互換性が無い)」というエラーメッセージが表示される場合、以下のリンクをクリックし「パッケージに互換性がない」セクションの指示に従ってください。
  1. 外部リンク:RHIインストーラーのトラブルシューティング

4.2:上記以外の事例でダウンロード・インストールができない場合、下記リンクよりお問い合わせください。
  1. リンク:問い合わせ
※お問い合わせの際は下記を記載、添付ください。
  1. ご利用のLumion、Rhinoのバージョン
  2. 症状の詳細(エラーメッセージのキャプチャ)



5. 実世界のコンテキストをRhinoで考え、デザインを将来の環境でモデル化します

Lumion LiveSync for Rhinoプラグインを使用すると、LumionでRhinoモデルをリアルタイムで表示、変更できます。

LiveSyncを使用するには、Lumion 9.0以降およびRhino 6以降が必要です。



Lumion LiveSync for Rhino
RhinoとLumionの間に、ライブのリアルタイムビジュアライゼーションをすぐにセットアップできます。Rhinoモデルの形状を変更すると、Lumionの息をのむリアルな環境でもリアルタイムで変更されていることがわかります。

Rhinoでモデリングを続けると、Lumionで山、水、草などの風景に囲まれた没入感のあるプロジェクトを同時に表示することができます。美しいマテリアルがデザインを「ポップ」にし、フォトリアリスティックなライティングは、環境、リアリズム、奥行きなどの感覚を急速に高めます。

リアルタイムのマテリアル同期
LumionエディタでLumionの1000以上の高解像度マテリアルを適用することで、同期されたRhinoモデルに瞬時に命を吹き込みます。デザインの開発を続けながら、マテリアルを好みに合わせて正確に調整し、レンダリングのためのマテリアルレイアウトを保存することができます。

ライブの視点同期
LiveSyncは、ライブの視点同期を可能にします。オンにすると、すぐにRhinoのカメラパーステクティブが取り入れられ、作業が簡単に「より速く」「より楽しく」なります。

自動モデルインポート
LiveSync接続を確立すると、Lumionは自動的にRhinoモデルをインポートします。LiveSyncをオフにした後もプロジェクトの作業と変更を続け、将来のレンダリングや開発のために.LSファイルとして簡単に保存できます。

関連情報:

  1. ナレッジベース:Rhinoのモデルインポートガイドライン
  2. ナレッジベース:LiveSyncはLumionプロジェクトのインポート済みモデルとどのように連携しますか?


    • Related Articles

    • Allplan LiveSyncプラグイン

      1. Windows用最新ダウンロードリンク LiveSync for Allplanは、Allplan 2022.1以降に統合されています。プラグインをダウンロードすることはできません。 Allplan Lumion AllPlan 2022.1以降 Lumion 12.3以降 2. Allplanでプラグインが表示する方法 LiveSyncプラグインは、Allplanのインストール時に利用可能です。初めて利用される方は、Actionbar ...
    • Revit LiveSyncプラグイン

      1. 最新のダウンロードリンク   Revit   Lumion   ダウンロードリンク   Revit 2016-2023   Lumion 8.3-12.3   Lumion LiveSync for Revitプラグイン   2. 古いバージョンのプラグインをアンインストールする(対象者のみ) 古いバージョンのプラグインを使用している方は、最新のプラグインをインストールする前にプラグインのアンインストールを実行してください。 2.1:Revitを終了します (Revit ...
    • Vectorworks LiveSyncプラグイン

      1. 最新のダウンロードリンク Vectorworks Lumion Download link (Windows only) Vectorworks 2019 SP3+ Vectorworks 2020 Vectorworks 2021 Vectorworks 2022 Vectorworks 2023 Lumion 9.3以降 * Lumion LiveSync for Vectorworks * Lumion 8.5は動作しますが、この機能は公式にサポートまたは保証されていません。   ...
    • Autodesk FormIt LiveSyncプラグイン

      1. Windows用最新ダウンロードリンク FormIt Lumion ダウンロードリンク (Windows限定) FormIt 2022.1 Lumion 12.0以降* Lumion LiveSync for Autodesk FormIt  * Lumion 11.5.1およびそれ以前のバージョンでも動作する場合がありますが、この機能は公式にはサポート・保証されていません。   2. 最新版インストール前のアンインストール手順 2.1: FormItを終了する。   ...
    • AutoCAD LiveSyncプラグイン

      Lumion 10.3以降のユーザー向けの重要な情報: AutoCADからインポートされた「byLayer」マテリアルの名前は、Lumion 10.3で変更されました。 その結果、Lumionの古いバージョンで最初にインポートされたモデルをAutoCADから再インポートすると、Lumionマテリアルの割り当ての一部が消える場合があります。 Lumionの古いバージョンでプロジェクトを完了するか ...