Vectorworks LiveSyncプラグイン

Vectorworks LiveSyncプラグイン

1. 最新のダウンロードリンク

Vectorworks
Lumion
Download link (Windows only)
Vectorworks 2019 SP3+
Vectorworks 2020
Vectorworks 2021
Vectorworks 2022
Lumion 9.3以降 *
Lumion LiveSync for Vectorworks

* Lumion 8.5は動作しますが、この機能は公式にサポートまたは保証されていません。


 

2. Vectorworks 2019 SP3 以降 : Lumion LiveSyncプラグインのインストール方法

2.1:Vectorworksを閉じます。

2.2:上記でダウンロードしたインストーラーをダブルクリックで実行し、プラグインをインストールします。

2.3:Vectorworks を起動し、作業画面(例えば「Designer 2019」)を選択する。


2.4:「ツール」-「作業画面」-「現在の作業画面を編集 ...」を選択する。


2.5:「作業画面の編集」ウィンドウの「ツール」タブをクリック、「レンダリング」の左にある「+」ボタン、「ツールセット」の左にある「+」ボタンをそれぞれクリックする。


2.6:左側の「Lumion ライブシンク」を、右側の「3D」へドラッグする。


2.7:画面左下にある「ツールセット」ʷ「3D」ボタンをクリックし、追加された「Lumion ライブシンク」ボタンをクリックする。


2.8:作業画面上部に「Lumion ライブシンク」ツールバーが表示。

より多くの作業画面で「Lumion ライブシンク」を使用する場合は、各作業画面に対して2.3~2.8のステップを繰り返してください。


 

3. Vectorworks  2019 SP2以前:Collada .DAEファイルをエクスポートする

3.1:VectorworksモデルをVectorworks  Collada(.DAE)ファイルに エクスポートします。

ファイル -> エクスポート -> COLLADAのエクスポート(3Dのみ)...


3.2: エクスポートオプションウィンドウで次のオプションを選択します。


3.3:Lumionへインポートします。

 

4. LiveSyncの設定



  • Repair Mode: このオプションは、インポートされたモデルの中に、他のローカルポリゴンと異なるポリゴンがあることに気付いた場合に使用します。
    この違いは、1つまたは複数のポリゴンが暗く見えたり、透明に見えたり、欠けていたり、テクスチャマッピングが異なっていたりすることが考えられます。または、ポリゴンの形状が間違っていたり、近くのポリゴンと合わなかったりします。 
    修復モードは多くのチェックを行う必要があり、モデルが複雑で詳細な場合は、発見された問題を修正するための処理に応じて、より多くの時間が必要になります。
  • Optimize Geometries: モデルがLumionでより効率的に動作するように、ポリゴンの全体的な数を減らす方法を採用しています。 ほとんどの場合、この設定はオンのままにしてきます。

5. 実世界のコンテキストでのVectorworks。 将来の環境で設計をモデル化します。

Vectorworksは、建築家の設計プロセスのための完全なソリューションであり、LiveSync for Vectorworks機能は、Lumionの優れたリアルタイムレンダリング技術を取り入れています。

クリックするだけで、Vectorworks 3DモデルをLumionと同期でき、拡張性のあるコンテンツライブラリのエレガントなマテリアルやオブジェクトでモデルをドレスアップできます。 都会の中心部でも、絵のように美しい田園風景でも、すぐにモデルを実際の環境で見ることができます。

LiveSync機能を使用するには、Lumion 9.3以降およびVectorworks 2019 SP3以降が必要です。


Lumion LiveSync for Vectorworks
VectorworksとLumionの間にライブのリアルタイムビジュアライゼーションをすぐにセットアップします。 Vectorworksモデルの形状を変更すると、Lumionの息をのむようなリアルな環境で、これらの変更がリアルタイムで行われていることがわかります。

Vectorworksでモデリングを続けると、没入型のフル機能の風景(山、水、草)に囲まれたLumionでプロジェクトを同時に表示できます。美しい素材がデザインを「ポップ」にし、フォトリアリスティックな照明は、環境、リアリズム、奥行きの感覚を突然高めます。

リアルタイムのマテリアル同期
LumionエディターでLumionの1000以上の高解像度マテリアルを適用することにより、同期されたVectorworksモデルに瞬時に命を吹き込みます。デザインの開発を続けながら、マテリアルを好みに合わせて微調整し、マテリアルレイアウトを保存して将来のレンダリングに備えることができます。

ライブの視点同期
LiveSyncは、ライブの視点同期を可能にします。オンにすると、すぐにVectorworksカメラパースペクティブが採用され、作業がより簡単に、より速く、より楽しくなります。

自動モデルインポート
LiveSync接続を確立すると、Lumionは自動的にVectorworksモデルをインポートします。 LiveSyncをオフにした後でもプロジェクトの作業と変更を続行し、将来のレンダリングまたは開発のためにファイルを.LSとして簡単に保存します。


    • Related Articles

    • Allplan LiveSyncプラグイン

      1. Windows用最新ダウンロードリンク LiveSync for Allplanは、Allplan 2022.1以降に統合されています。プラグインをダウンロードすることはできません。 Allplan Lumion AllPlan 2022.1以降 Lumion 12.3以降 2. Allplanでプラグインが表示する方法 LiveSyncプラグインは、Allplanのインストール時に利用可能です。初めて利用される方は、Actionbar ...
    • Revit LiveSyncプラグイン

      1. 最新のダウンロードリンク   Revit   Lumion   ダウンロードリンク   Revit 2016-2023   Lumion 8.3-12.3   Lumion LiveSync for Revitプラグイン   2. 古いバージョンのプラグインをアンインストールする(対象者のみ) 古いバージョンのプラグインを使用している方は、最新のプラグインをインストールする前にプラグインのアンインストールを実行してください。 2.1:Revitを終了します (Revit ...
    • Autodesk FormIt LiveSyncプラグイン

      1. Windows用最新ダウンロードリンク FormIt Lumion ダウンロードリンク (Windows限定) FormIt 2022.1 Lumion 12.0以降* Lumion LiveSync for Autodesk FormIt  * Lumion 11.5.1およびそれ以前のバージョンでも動作する場合がありますが、この機能は公式にはサポート・保証されていません。   2. 最新版インストール前のアンインストール手順 2.1: FormItを終了する。   ...
    • AutoCAD LiveSyncプラグイン

      Lumion 10.3以降のユーザー向けの重要な情報: AutoCADからインポートされた「byLayer」マテリアルの名前は、Lumion 10.3で変更されました。 その結果、Lumionの古いバージョンで最初にインポートされたモデルをAutoCADから再インポートすると、Lumionマテリアルの割り当ての一部が消える場合があります。 Lumionの古いバージョンでプロジェクトを完了するか ...
    • BricsCAD LiveSyncプラグイン

      1 .最新のダウンロードリンク BricsCAD Lumion ダウンロードリンク(Windowsのみ) BricsCAD 18、19、20、21以降 Lumion11.0以降* Lumion LiveSync for BricsCADプラグイン * Lumion 8.5-10.5は機能しますが、この機能は公式にはサポートまたは保証されていません。   2. LiveSyncの設定 Collect textures: ...