AutoCAD LiveSyncプラグイン

AutoCAD LiveSyncプラグイン

Lumion 10.3以降のユーザー向けの重要な情報:

AutoCADからインポートされた「byLayer」マテリアルの名前は、Lumion 10.3で変更されました。

その結果、Lumionの古いバージョンで最初にインポートされたモデルをAutoCADから再インポートすると、Lumionマテリアルの割り当ての一部が消える場合があります。

Lumionの古いバージョンでプロジェクトを完了するか 、以下のセクション5をご覧ください。古いモデルから新しいモデルに個々のLumionマテリアルを転送できます。

  1. ナレッジベース: モデルを再インポートした後、Lumionマテリアルが欠落しているのはなぜですか?

1. Windowsの最新のダウンロードリンク

Lumion
AutoCAD
ダウンロードリンク(Windows  のみ)
Lumion 10.3 - 12.3
AutoCAD 2017-2022
Lumion LiveSync for Autodesk AutoCAD
Lumion 10.0-10.0.2
DWGファイルのインポート
必要ありません。 DWG To  Lumion Bridge はLumion 10.0-10.0.2に組み込まれています
Lumion 9.5以前
DWGファイルのインポート
DWG プラグイン

 

2. 古いバージョンのプラグインをアンインストールする(対象者のみ)

2.1:AutoCADを終了します。
2.2:Windowsの[プログラムの追加と削除]からLumion LiveSync for Autodesk AutoCADの古いバージョンをアンインストールします  (該当する場合)。
2.3:  プラグインのインストールに問題がある場合は、インストールする前に次のフォルダーを削除してください。
  • C:\ ProgramData \ Autodesk \ ApplicationPlugins \ LumionLiveSyncForAutoCAD.bundle
  • C:\ Program Files \ Autodesk \ ApplicationPlugins \ LumionLiveSyncForAutoCAD.bundle

3. エクスポートについて

Lumion LiveSync for Autodesk AutoCADプラグインでは2つのエクスポート方法をご利用いただけます。
1. LiveSyncでのエクスポート
2. Collada(.DAE)ファイルでのエクスポート
 

4. 実世界のコンテキストでのAutodeskAutoCAD。 将来の環境で設計をモデル化します。

Lumion LiveSync for Autodesk AutoCADプラグインには、LiveSyncとCollada(.DAE)エクスポータの2つの機能が含まれています。 これで、Autodesk AutoCADモデルをLumionでリアルタイムに表示および変更したり、Autodesk AutoCADからCollada(.DAE)ファイルをエクスポートして、Lumionにシームレスにインポート(または再インポート)したりできます。

LiveSync機能を使用するには、Lumion 10.3(またはそれ以降)とAutodesk AutoCAD 2017(またはそれ以降)が必要です。



Lumion LiveSync for Autodesk AutoCAD
Autodesk AutoCADとLumionの間にライブのリアルタイムビジュアライゼーションをすぐにセットアップします。 Autodesk AutoCADモデルの形状を変更すると、Lumionの息をのむようなリアルな環境で、これらの変更がリアルタイムで行われていることがわかります。

Autodesk AutoCADでモデリングを続けると、没入型のフル機能の風景(山、水、草)に囲まれたLumionでプロジェクトを同時に表示できます。美しい素材がデザインを「ポップ」にし、フォトリアリスティックな照明は、環境、リアリズム、奥行きの感覚を突然高めます。

リアルタイムのマテリアル同期
LumionエディターでLumionの1000以上の高解像度マテリアルを適用することにより、同期されたAutodesk AutoCADモデルに瞬時に命を吹き込みます。デザインの開発を続けながら、マテリアルを好みに合わせて微調整し、マテリアルレイアウトを保存して将来のレンダリングに備えることができます。

ライブの視点同期
LiveSyncは、ライブの視点同期を可能にします。オンにすると、すぐにAutodesk AutoCADカメラパースペクティブが採用され、作業がより簡単に、より速く、より楽しくなります。

自動モデルインポート
LiveSync接続を確立すると、Lumionは自動的にAutodesk AutoCADモデルをインポートします。 LiveSyncをオフにした後でもプロジェクトの作業と変更を続行し、将来のレンダリングまたは開発のためにファイルを.LSとして簡単に保存します。


関連情報:
  1. ナレッジベース:Autodesk AutoCADのモデルインポートガイドライン
  2. ナレッジベース:LiveSyncはLumionプロジェクトのインポート済みのモデルとどのように連携しますか?


    • Related Articles

    • Autodesk FormIt LiveSyncプラグイン

      1. Windows用最新ダウンロードリンク FormIt Lumion ダウンロードリンク (Windows限定) FormIt 2022.1 Lumion 12.0以降* Lumion LiveSync for Autodesk FormIt  * Lumion 11.5.1およびそれ以前のバージョンでも動作する場合がありますが、この機能は公式にはサポート・保証されていません。   2. 最新版インストール前のアンインストール手順 2.1: FormItを終了する。   ...
    • Allplan LiveSyncプラグイン

      1. Windows用最新ダウンロードリンク LiveSync for Allplanは、Allplan 2022.1以降に統合されています。プラグインをダウンロードすることはできません。 Allplan Lumion AllPlan 2022.1以降 Lumion 12.3以降 2. Allplanでプラグインが表示する方法 LiveSyncプラグインは、Allplanのインストール時に利用可能です。初めて利用される方は、Actionbar ...
    • Revit LiveSyncプラグイン

      1. 最新のダウンロードリンク   Revit   Lumion   ダウンロードリンク   Revit 2016-2022   Lumion 8.3-12.3   Lumion LiveSync for Revitプラグイン   2. 古いバージョンのプラグインをアンインストールする(対象者のみ) 古いバージョンのプラグインを使用している方は、最新のプラグインをインストールする前にプラグインのアンインストールを実行してください。 2.1:Revitを終了します (Revit ...
    • Vectorworks LiveSyncプラグイン

      1. 最新のダウンロードリンク Vectorworks Lumion Download link (Windows only) Vectorworks 2019 SP3+ Vectorworks 2020 Vectorworks 2021 Vectorworks 2022 Lumion 9.3以降 * Lumion LiveSync for Vectorworks * Lumion 8.5は動作しますが、この機能は公式にサポートまたは保証されていません。   2. Vectorworks ...
    • SketchUp LiveSyncプラグイン

      1. プラグインのインストール方法 1.1:プラグインをインストールするには、SketchUp2017以降およびLumion 8.3以降がWindowsにインストールされていることを確認してください。(MacのOSXはサポートされていません) 1.2: SketchUpを起動させる。 1.3: ウィンドウが開いたら、ツールバーの「Extension Warehause」をクリックする。 ※ツールバーに「Extension ...