LiveSyncはLumionプロジェクトのインポート済みのモデルとどのように連携しますか?

LiveSyncはLumionプロジェクトのインポート済みのモデルとどのように連携しますか?

1. 以下がその方法です

LiveSyncは、Revit、SketchUp、Rhino、ArchiCAD、Vectorworksのモデルが現在のLumionプロジェクトのモデルのいずれかに類似しているかどうかを確認します。Lumionでモデルを直接更新できるようにするためです。

LumionはLiveSync接続を再開する前に、モデルファイル名を使用してモデルが同じか異なるかを確認します。 モデルファイルの名前または場所が大幅に変更された場合は、LiveSyncを手動で再接続する必要があります。

その方法を確認するには、使用しているモデリングソフトに適用される以下のセクションを参照してください。

セクション2:  SketchUp

セクション3:  Revit

セクション4:  ArchiCAD

セクション5:  Rhino

セクション6:  Vectorworks

セクション7:  BricsCAD

セクション8:  FormIt

セクション9:  Allplan

 

2. SketchUp 2017-20のLiveSync再接続ルール


2.1:SketchUpの:同じ名前/同じ場所に保存している
プロジェクトを読み込んでSketchUpで「Start LiveSync」をクリックしたときに、SketchUpのファイル名と場所が変更されていない場合、LumionはLiveSync接続を再開します。


例:
Day 1:C\MyModel_001.skp
Day 2:C\MyModel_001.skp

再接続する方法:SketchUpファイルとLumionを開いた状態で「Start LiveSync」ボタンをクリックします。

______________________________________ 

2.2:SketchUp:新しい名前/違う場所に保存している
SketchUpファイルを新しい名前で保存した場合(名前の最初の5文字が異なる場合)、またはSketchUpファイルを新しい場所に保存した場合は、LumionプロジェクトでSketchUpモデルを再度選択する必要があります。 .SKPファイルを再インポートします。次回SketchUpで「Start LiveSync」をクリックすると、接続が再確立されます。

例:
Day 1:C\MyModel.SKP
Day 2:D\MyNewModel.SKP

再接続する方法:SketchUpで「Start LiveSync」をクリックする前に、新しい.SKPファイルを再インポートします。

※LiveSyncでインポートされたモデルが重なっている場合は不要なモデルを削除します。
モデルが完全に重なっている場合はモデルを選択してから基点にマウスカーソルを合わせて「上↑キー」または「下↓キー」で目的のモデルを選んで削除してください。

______________________________________

2.3:SketchUp:同じ場所/新しい名前で保存している
同じ場所に新しい名前でSketchUpファイルを保存し、新しい名前の5つの連続した文字が前回LiveSync接続されたファイル名と一致する場合、Lumionに再接続オプションが出現します。

例:
Day 1:C:\MyModel_001.SKP
Day 2:C:\MyModel_002.SKP

例:
Day 1:C:\001_MyModel.SKP
Day 2:C:\MyModel_002.SKP


再接続する方法:SketchUpで「Start LiveSync」ボタンをクリックしてからLumionでモデルを選択し、右上プロパティウィンドウに表示される「LiveSyncに再接続する」ボタンをクリックします。


 

3. Revit 2015以降のLiveSync再接続ルール


3.1:Revit:同じ名前/同じ場所に保存している
プロジェクトを読み込んでRevitで「Start LiveSync」をクリックしたときに、Revitのファイル名と場所が変更されていない場合、LumionはLiveSync接続を再開します。


例:
Day 1: C:\ MyModel_001.RVT
Day 2: C:\ MyModel_001.RVT

再接続方法:RevitファイルとLumionを開いた状態で「Start LiveSync」ボタンをクリックします。
______________________________________

3.2:Revit:新しい名前/違う場所に保存している
Revitファイルを新しい名前(最初の5文字が異なる名前)で保存した場合、または別の場所にRevitファイルを保存した場合、下記手順を実行する必要があります。

  1. .RVTファイルを保存します(通常保存する場所)
  2. .RVTファイルと同じ名前で同じ場所に.DAEファイルをエクスポートします。
  3. Lumionのシーンを開き、.DAEファイルをインポートします。

次にRevitで「Start LiveSync」をクリックすると、インポートした.DAEファイルと同じ場所(および同じ名前)でRevitプロジェクトを使用することを認識します。

例:
Day 1: C\MyModel.RVT
Day 2: D\MyNewModel.RVT

再接続方法:Revitで「Start LiveSync」をクリックする前に、新しい.DAEファイルを再インポートします。

※LiveSyncでインポートされたモデルが重なっている場合は不要なモデルを削除します。
モデルが完全に重なっている場合はモデルを選択してから基点にマウスカーソルを合わせて「上↑キー」または「下↓キー」で目的のモデルを選んで削除してください。
______________________________________

3.3:Revit:同じ場所/新しい名前で保存している
同じ場所に新しい名前でRevitファイルを保存し新しい名前の5つの連続した文字が前回LiveSync接続されたファイル名と一致する場合、Lumionに再接続オプションが出現します。

例:
Day 1:C:\ MyModel_00 .RVT
Day 2:C:\ MyModel_00 .RVT

例:
Day 1:C:\ 001_ MyModel .RVT
Day 2:C:\ MyModel _00.RVT

再接続方法:Revit側で「Start LiveSync」ボタンをクリックしてからLumionでモデルを選択し、右上プロパティウィンドウに表示される「LiveSyncに再接続する」ボタンをクリックします。


 

4. ArchiCAD 21以降のLiveSync再接続ルール


4.1:ArchiCAD:同じ名前/同じ場所に保存している
プロジェクトを読み込んでArchiCADで「Start LiveSync」をクリックしたときに、ArchiCADのファイル名と場所が変更されていない場合、LumionはLiveSync接続を再開します。

例:
Day Day 1: C:\ MyModel_001.PLN

Day 2: C:\ MyModel_001.PLN

再接続する方法:ArchiCADファイルとLumionを開いた状態で「Start LiveSync」ボタンをクリックします。

______________________________________

 4.2:ArchiCAD:新しい名前/違う場所に保存している
ArchiCADファイルを新しい名前(最初の5文字が異なる名前)で保存した場合、または別の場所にArchiCADファイルを保存した場合、下記手順を実行する必要があります。

  1. .PLNファイルを保存します(通常保存する場所)
  2. .PLNファイルと同じ名前で同じ場所に.DAEファイルをエクスポートします。
  3. Lumionのシーンを開き、.DAEファイルをインポートします。

次にArchiCADで「Start LiveSync」をクリックすると、インポートした.DAEファイルと同じ場所(および同じ名前)でArchiCADプロジェクトを使用することを認識します。

例:
Day 1: C\MyModel.PLN
Day 2: D\MyNewModel.PLN

再接続する方法:ArchiCADで「Start LiveSync」をクリックする前に、新しい.DAEファイルを再インポートします。
______________________________________

4.3:ArchiCAD:同じ場所/新しい名前で保存している
同じ場所に新しい名前でArchiCADファイルを保存し新しい名前の5つの連続した文字が前回LiveSync接続されたファイル名と一致する場合、Lumionに再接続オプションが出現します。

例:
Day 1:C:\MyModel_001.PLN
Day 2:C:\MyModel_002.PLN

例:
Day 1:C:\001_MyModel.PLN
Day 2:C:\MyModel_002.PLN

再接続する方法:ArchiCAD側で「Start LiveSync」ボタンをクリックしてからLumionでモデルを選択し、右上プロパティウィンドウに表示される「LiveSyncに再接続する」ボタンをクリックします。


 

5. Rhino 6.10以降のLiveSync再接続ルール


5.1:Rhino:同じ名前/同じ場所に保存している
プロジェクトを読み込んでRhinoで「Start LiveSync」をクリックしたときに、Rhinoのファイル名と場所が変更されていない場合、LumionはLiveSync接続を再開します。

例:
Day 1:C:\MyModel_001.3DM
Day 2:C:\MyModel_001.3DM

再接続する方法:RhinoファイルとLumionを開いた状態で「Start LiveSync」ボタンをクリックします。

______________________________________

5.2:Rhino:新しい名前/違う場所に保存している
Rhinoファイルを新しい名前(最初の5文字が異なる名前)で保存した場合、または別の場所にRhinoファイルを保存した場合、下記手順を実行する必要があります。

  1. .3DMファイルを保存します(通常保存する場所)
  2. .3DMファイルと同じ名前で同じ場所に.DAEファイルをエクスポートします。
  3. Lumionのシーンを開き、.DAEファイルをインポートします。

次にRhinoで「Start LiveSync」をクリックすると、インポートした.DAEファイルと同じ場所(および同じ名前)でRhinoプロジェクトを使用することを認識します。

例:
Day 1:C:\MyModel.3DM
Day 2:D:\MyNewModel.3DM

再接続する方法:Rhinoで「Start LiveSync」をクリックする前に、新しい.DAEファイルを再インポートします。

______________________________________

 5.3:Rhino同じ場所/新しい名前で保存している
同じ場所に新しい名前でRhinoファイルを保存し新しい名前の5つの連続した文字が前回LiveSync接続されたファイル名と一致する場合、Lumionに再接続オプションが出現します。

例:
Day 1:C:\MyModel_001.3DM
Day 2:C:\MyModel_002.3DM

例:
Day 1:C:\001_MyModel.3DM
Day 2:C:\MyModel_002.3DM

再接続する方法:Rhino側で「Start LiveSync」ボタンをクリックしてからLumionでモデルを選択し、右上プロパティウィンドウに表示される「LiveSyncに再接続する」ボタンをクリックします。


 

6. Vectorworks 2019 SP3以降のLiveSync再接続ルール


6.1:Vectorworks:同じ名前/同じ場所に保存している
プロジェクトを読み込んでVectorworksで「Start LiveSync」をクリックしたときに、Vectorworksのファイル名と場所が変更されていない場合、LumionはLiveSync接続を再開します。

例:
Day 1: C:\MyModel_001.VWX
Day 2: C:\MyModel_001.VWX

再接続する方法:VectorworksファイルとLumionを開いた状態で「Start LiveSync」ボタンをクリックします。

______________________________________ 

6.2:Vectorworks新しい名前/違う場所に保存している
Vectorworksファイルを新しい名前(最初の5文字が異なる名前)で保存した場合、または別の場所にVectorworksファイルを保存した場合、下記手順を実行する必要があります。

  1. .VWXファイルを保存します(通常保存する場所)
  2. .VWXファイルと同じ名前で同じ場所に.DAEファイルをエクスポートします。
  3. Lumionのシーンを開き、.DAEファイルをインポートします。

次にVectorworksで「Start LiveSync」をクリックすると、インポートした.DAEファイルと同じ場所(および同じ名前)でVectorworksプロジェクトを使用することを認識します。

例:
Day 1:C:\MyModel.VWX
Day 2:D:\MyNewModel.VWX

再接続する方法:Vectorworksで「Start LiveSync」をクリックする前に、新しい.DAEファイルを再インポートします。

______________________________________ 

6.3:Vectorworks同じ場所/新しい名前で保存している
同じ場所に新しい名前でVectorworksファイルを保存し、新しい名前の5つの連続した文字が前回LiveSync接続されたファイル名と一致する場合、Lumionに再接続オプションが出現します

例:
Day 1:C:\MyModel_001.VWX
Day 2:C:\MyModel_002.VWX

例:
Day 1:C:\001_MyModel.VWX
Day 2:C:\MyModel_002.VWX

再接続する方法:Vectorworks側で「Start LiveSync」ボタンをクリックしてからLumionでモデルを選択し、右上プロパティウィンドウに表示される「LiveSyncに再接続する」ボタンをクリックします。


 

7. BricsCADのLiveSync再接続ルール


7.1:BricsCAD:同じ名前/同じ場所に保存している
プロジェクトを読み込んでBricsCADで「Start LiveSync」をクリックしたときに、BricsCADのファイル名と場所が変更されていない場合、LumionはLiveSync接続を再開します。

例:
Day 1: C:\MyModel_001.DWG
Day 2: C:\MyModel_001.DWG

再接続する方法:BricsCADファイルとLumionを開いた状態で「Start LiveSync」ボタンをクリックします。

______________________________________ 

7.2:BricsCAD新しい名前/違う場所に保存している
BricsCADファイルを新しい名前(最初の5文字が異なる名前)で保存した場合、または別の場所にBricsCADファイルを保存した場合、下記手順を実行する必要があります。

  1. .DWGファイルを保存します(通常保存する場所)
  2. .DWGファイルと同じ名前で同じ場所に.DAEファイルをエクスポートします。
  3. Lumionのシーンを開き、.DAEファイルをインポートします。

次にBricsCADで「Start LiveSync」をクリックすると、インポートした.DAEファイルと同じ場所(および同じ名前)でBricsCADプロジェクトを使用することを認識します。

例:
Day 1:C:\MyModel.DWG
Day 2:D:\MyNewModel.DWG

再接続する方法:BricsCADで「Start LiveSync」をクリックする前に、新しい.DAEファイルを再インポートします。

______________________________________ 

7.3:BricsCAD同じ場所/新しい名前で保存している
同じ場所に新しい名前でBricsCADファイルを保存し、新しい名前の5つの連続した文字が前回LiveSync接続されたファイル名と一致する場合、Lumionに再接続オプションが出現します

例:
Day 1:C:\MyModel_001.DWG
Day 2:C:\MyModel_002.DWG

例:
Day 1:C:\001_MyModel.DWG
Day 2:C:\MyModel_002.DWG

再接続する方法:BricsCAD側で「Start LiveSync」ボタンをクリックしてからLumionでモデルを選択し、右上プロパティウィンドウに表示される「LiveSyncに再接続する」ボタンをクリックします。



8. FormIt 2022.1以降のLiveSync再接続ルール


8.1:FormIt:同じ名前/同じ場所に保存している
プロジェクトを読み込んでFormItで「Start LiveSync」をクリックしたときに、FormItファイル名と場所が変更されていない場合、LumionはLiveSync接続を再開します。

例:
Day 1: C:\MyModel_001.AXM
Day 2: C:\MyModel_001.AXM

再接続する方法:FormItファイルとLumionを開いた状態で「Start LiveSync」ボタンをクリックします。

______________________________________ 

8.2:FormIt新しい名前/違う場所に保存している
FormItファイルを新しい名前(最初の5文字が異なる名前)で保存した場合、または別の場所にFormItファイルを保存した場合、下記手順を実行する必要があります。

  1. .AXMファイルを保存します(通常保存する場所)
  2. .AXMファイルと同じ名前で同じ場所にLiveSyncで.DAEファイルをエクスポートします。
  3. Lumionのシーンを開き、.DAEファイルをインポートします。

次にFormItで「Start LiveSync」をクリックすると、インポートした.DAEファイルと同じ場所(および同じ名前)でFormItプロジェクトを使用することを認識します。

例:
Day 1:C:\MyModel.AXM
Day 2:D:\MyNewModel.AXM

再接続する方法:FormItで「Start LiveSync」をクリックする前に、新しい.DAEファイルを再インポートします。

______________________________________ 

8.3:FormIt同じ場所/新しい名前で保存している
同じ場所に新しい名前でFormItファイルを保存し、新しい名前の5つの連続した文字が前回LiveSync接続されたファイル名と一致する場合、Lumionに再接続オプションが出現します。

例:
Day 1:C:\MyModel_001.AXM
Day 2:C:\MyModel_002.AXM

例:
Day 1:C:\001_MyModel.AXM
Day 2:C:\MyModel_002.AXM

再接続する方法:FormIt側で「Start LiveSync」ボタンをクリックしてからLumionでモデルを選択し、右上プロパティウィンドウに表示される「LiveSyncに再接続する」ボタンをクリックします。


9. Allplan 2022.1以降のLiveSync再接続ルール



9
.1:Allplan:同じ名前/同じ場所に保存している
プロジェクトを読み込んでAllplanで「Start LiveSync」をクリックしたときに、Allplanファイル名と場所が変更されていない場合、LumionはLiveSync接続を再開します。

例:
Day 1: C:\MyModel_001.NDW
Day 2: C:\MyModel_001.NDW

再接続する方法:AllplanファイルとLumionを開いた状態で「Start LiveSync」ボタンをクリックします。

______________________________________ 

9.2:Allplan新しい名前/違う場所に保存している
Allplanファイルを新しい名前(最初の5文字が異なる名前)で保存した場合、または別の場所にAllplanファイルを保存した場合、下記手順を実行する必要があります。

  1. .NDWファイルを保存します(通常保存する場所)
  2. .NDWファイルと同じ名前で同じ場所にLiveSyncで.DAEファイルをエクスポートします。
  3. Lumionのシーンを開き、.DAEファイルをインポートします。

次にAllplanで「Start LiveSync」をクリックすると、インポートした.DAEファイルと同じ場所(および同じ名前)でFormItプロジェクトを使用することを認識します。

例:
Day 1:C:\MyModel.NDW
Day 2:D:\MyNewModel.NDW

再接続する方法:Allplanで「Start LiveSync」をクリックする前に、新しい.DAEファイルを再インポートします。

______________________________________ 

9.3:Allplan同じ場所/新しい名前で保存している
同じ場所に新しい名前でAllplanファイルを保存し、新しい名前の5つの連続した文字が前回LiveSync接続されたファイル名と一致する場合、Lumionに再接続オプションが出現します。

例:
Day 1:C:\MyModel_001.NDW
Day 2:C:\MyModel_002.NDW

例:
Day 1:C:\001_MyModel.NDW
Day 2:C:\MyModel_002.NDW

再接続する方法:Allplan側で「Start LiveSync」ボタンをクリックしてからLumionでモデルを選択し、右上プロパティウィンドウに表示される「LiveSyncに再接続する」ボタンをクリックします。



    • Related Articles

    • 複数のユーザーのためにBIM360とLiveSyncをどのように接続しますか?

      共有のRevitモデルを使用してAutodesk BIM360クラウドを使用し複数の人がLumionファイルで作業することがあります。 Lumionにインポートされたモデルは、誰かがLumionプロジェクトを操作後、他の誰かがそのプロジェクトを開いてLiveSyncを使用すると変更されます。 次に、Collada DAEを介してRevitモデルをエクスポートし、それをLumionにインポートする必要があることがわかりました。 LiveSync for ...
    • Allplan LiveSyncプラグイン

      1. Windows用最新ダウンロードリンク LiveSync for Allplanは、Allplan 2022.1以降に統合されています。プラグインをダウンロードすることはできません。 Allplan Lumion AllPlan 2022.1以降 Lumion 12.3以降 2. Allplanでプラグインが表示する方法 LiveSyncプラグインは、Allplanのインストール時に利用可能です。初めて利用される方は、Actionbar ...
    • ArchiCADのモデルインポートガイドライン

      1. ArchiCADのプラグインをインストールします 1.1:下記記事の手順に従って、ご利用のLUMIONおよびArchiCADに適したプラグインをダウンロード・インストールしてください ナレッジベース:ArchiCAD LiveSyncプラグイン 2. 方法A:LiveSyncでのエクスポート 2.1:ArchiCAD 21/22/23とLUMION 6.0以降のバージョンをご利用であれば、ArchiCAD ...
    • AutoCAD LiveSyncプラグイン

      Lumion 10.3以降のユーザー向けの重要な情報: AutoCADからインポートされた「byLayer」マテリアルの名前は、Lumion 10.3で変更されました。 その結果、Lumionの古いバージョンで最初にインポートされたモデルをAutoCADから再インポートすると、Lumionマテリアルの割り当ての一部が消える場合があります。 Lumionの古いバージョンでプロジェクトを完了するか ...
    • BricsCAD LiveSyncプラグイン

      1 .最新のダウンロードリンク BricsCAD Lumion ダウンロードリンク(Windowsのみ) BricsCAD 18、19、20、21以降 Lumion11.0以降* Lumion LiveSync for BricsCADプラグイン * Lumion 8.5-10.5は機能しますが、この機能は公式にはサポートまたは保証されていません。   2. LiveSyncの設定 Collect textures: ...