ArchiCAD
Lumion
ダウンロードリンク※Windows限定
ArchiCAD 21-25
Lumion 6.0 - 12.3
Lumion LiveSync for ArchiCAD 21-25


2. 古いバージョンのプラグインをアンインストールする(対象者のみ)

2.1: (起動している場合)ArchiCADを終了します。

2.2: Windowsの検索フィールドに「プログラムの追加または削除」と入力し、
       Lumion LiveSync for ArchiCAD(存在する場合)を押してアンインストールします。

       ArchiCADアドオンフォルダーからすべてのLumion .APXファイルを削除します。

  • インストール先のドライブ\ArchiCAD (Version)\Add-Ons\
  • デフォルトの場所:
    C:\Program Files\GRAPHISOFT\ArchiCAD (Version)\Add-Ons\
2.3: 最新のプラグインをインストールします。


3. 過去のプラグインのダウンロードリンク(Lumion Collada file (.DAE)で書き出し可能なプラグインです)

3.1:以下から目的のバージョンをダウンロードしてください。

3.2:ファイル「ArchiCADToLumionBridge.apx」を解凍します。

3.3:上記のセクション2の指示に従います。

3.4:「ArchiCADToLumionBridge.apx」を
インストールフォルダー\ ArchiCAD(バージョン)\Add-Ons\に移動します

ArchiCAD
Lumion
ダウンロードリンク※Windows限定
ArchiCAD 20
Lumion 6.0 - 11.0
ArchiCAD To Lumion Bridge for ArchiCAD 20
ArchiCAD 19
Lumion 6.0 - 11.0
ArchiCAD To Lumion Bridge for ArchiCAD 19
ArchiCAD 18
Lumion 6.0 - 11.0
ArchiCAD To Lumion Bridge for ArchiCAD 18
ArchiCAD 19
Lumion 1.0 - 5.7.2
ArchiCAD To Lumion Bridge for ArchiCAD 19
ArchiCAD 18
Lumion 1.0 - 5.7.2
ArchiCAD To Lumion Bridge for ArchiCAD 18
ArchiCAD 17
Lumion 1.0 - 5.7.2
ArchiCAD To Lumion Bridge for ArchiCAD 17
ArchiCAD 16 64 bit
Lumion 1.0 - 5.7.2
ArchiCAD To Lumion Bridge for ArchiCAD 16 64 bit
ArchiCAD 16 32 bit
Lumion 1.0 - 5.7.2
ArchiCAD To Lumion Bridge for ArchiCAD 16 32 bit

 



4. 実世界のコンテキストでのArchiCAD。 将来の環境で設計をモデル化します。

Lumion LiveSync for ArchiCADプラグインには、LiveSyncとCollada(.DAE)エクスポーターの2つの機能が含まれています。 これで、ArchiCADモデルをLumionでリアルタイムに表示および変更したり、ArchiCADからCollada(.DAE)ファイルをエクスポートしてLumionにシームレスにインポート(または再インポート)したりできます。

LiveSync機能を使用するには、Lumion 8.3以降とArchiCAD 21以降が必要です。


Lumion LiveSync for ArchiCAD
ArchiCADとLumionの間にライブのリアルタイムビジュアライゼーションをすぐにセットアップします。 ArchiCADモデルの形状を変更すると、Lumionの息をのむようなリアルな環境で、これらの変更がリアルタイムで行われていることがわかります。

ArchiCADでモデリングを続けると、没入型のフル機能の風景(山、水、草)に囲まれたLumionでプロジェクトを同時に表示できます。美しい素材がデザインを「ポップ」にし、フォトリアリスティックな照明は、環境、リアリズム、奥行きの感覚を突然高めます。

リアルタイムのマテリアル同期
LumionエディターでLumionの1000以上の高解像度マテリアルを適用することにより、同期されたArchiCADモデルに瞬時に命を吹き込みます。デザインの開発を続けながら、マテリアルを好みに合わせて微調整し、マテリアルレイアウトを保存して将来のレンダリングに備えることができます。

ライブの視点同期
LiveSyncは、ライブの視点同期を可能にします。オンにすると、すぐにArchiCADカメラパースペクティブが採用され、作業がより簡単に、より速く、より楽しくなります。

自動モデルインポート
LiveSync接続を確立すると、Lumionは自動的にArchiCADモデルをインポートします。 LiveSyncをオフにした後でもプロジェクトの作業と変更を続行し、将来のレンダリングまたは開発のためにファイルを.LSとして簡単に保存します。


関連情報:

  1. ナレッジベース:ArchiCADのモデルインポートガイドライン
  2. ナレッジベース:LiveSyncはLumionプロジェクトのインポート済みのモデルとどのように連携しますか?