SketchUpモデルをインポートした後、Lumion 8.0以前のバージョンが突然非常に遅くなるのはなぜですか?

SketchUpモデルをインポートした後、Lumion 8.0以前のバージョンが突然非常に遅くなるのはなぜですか?

mceclip1.png


1. 理由は次の通りです

インポートするモデルがそれほど複雑でなく、モデルをシーンに配置した後にLumionが非常に遅い場合、SketchUpの問題が原因である可能性があります。
球体やボトルなどの曲面を持つ一部のSketchUpモデルでは、他のアプリケーションではサポートされていない、いわゆる投影テクスチャマッピングを使用している場合があります。
その結果、Lumion 8.0(および古いバージョン)でのモデルの表示とレンダリングが非常に遅くなります。

Lumion 8.3以降は影響を受けません。

2. 問題の原因かどうか確認する方法

2.1:これが問題の原因であるかどうかを確認するには、SketchUpで.SKPファイルを.DAE形式でエクスポートします。
ファイル 」>「 エクスポート」>「 3Dモデル」Colladaファイル(* .DAE)を選択します。

mceclip4.png

2.2:エクスポートする前にオプション」>「テクスチャマップのエクスポート(Export Texture Maps)」をチェックします。

mceclip5__1_.png

2.3:次に、.DAEファイルと同じ場所に作成されたテクスチャフォルダーを確認します。

同じマテリアル名(マテリアル名_ナンバリング)の小さなテクスチャが何百もある場合、このテクスチャを使用しているオブジェクトは、サポートされていない投影テクスチャマッピングメソッドを使用していることを意味します。(オブジェクトが別のアプリケーションからインポートされた場合によく起こります。)

以下のスクリーンショットは、1つのオブジェクトの1100個の小さなテクスチャの例を示しています。

これにより、Lumionで1100種類のインポートされたマテリアルが生成されます。シーン内のマテリアルの数はフレームレートに大きな影響を与えます。

mceclip3.png


3. 問題を簡単に解決する方法

3.1:上記のセクション2の.DAEエクスポートに基づいて問題を引き起こしているモデルやマテリアルを特定したら、SketchUpでモデルの問題のある部分に異なるマテリアルを割り当て、Lumionに再インポートします。


4. その他の方法で解決する方法

4.1:問題の原因となっているモデルに別のマテリアルを割り当てることができない場合、別の方法がありますが、すべてのモデルで機能するわけではありません。

mceclip2.png

4.2:SketchUpにて「Window」>「Extension Warehouse」>「SketchUV」と入力してプラグインをインストールします。

4.3:「Extensions menu」>「 SketchUV」>「SketchUV」を選択

4.4:問題のあるオブジェクトの1つをダブルクリックし、オブジェクトの面を選択できるまでダブルクリックし続けます。CTRL+Aを押して、オブジェクトのすべての面を選択します。

4.5:小さなSketchUVウィンドウでSketchUV Mapping Toolsボタンをクリックします。

4.6:選択した面を右クリックして、三角形分割(Triangulate)を選択します。

4.7:小さなSketchUVウィンドウでSketchUVマッピングツールをクリックし、面を再度選択します。

4.8:選択した面を右クリックし、UVを保存(Save UVs)を選択します。

4.9:選択した面を右クリックして、UVのロード(Load UVs)を選択します。

4.10:他の問題のある表面に対してステップ4.3から4.8を繰り返します。

4.11:.DAE形式へのテストエクスポートを実行して、SketchUpがエクスポートしているテクスチャの数を確認します。 数値が適切な場合、つまり100未満の場合は、4.11に進みます。

4.12:新しい名前で.SKPファイルを保存し、Lumionに再インポートします。




    • Related Articles

    • SketchUpのモデルインポートガイドライン

      1. SketchUpのプラグインをインストールします 1.1:下記記事の手順に従って、SketchUp 2017、2018、2019、2020のプラグインをダウンロード・インストールしてください。 ナレッジベース:SketchUp LiveSyncプラグイン 2. SketchUpおよびLumionのバージョンに応じたインポート方法 SketchUp バージョン インポート方法 SketchUp 2021 Lumion 11.0.1以降:LiveSyncまたは.SKPファイルのインポート ...
    • LUMION 10.3:AutoCADのLiveSync

      Lumion LiveSync for AutoCADを使用すれば、LUMIONの息をのむほど美しいコンテキスト環境のなかにAutoCADの3Dモデルをリアルタイムに表示させることができます。 Lumion LiveSync for AutoCADのプラグイン(無料)を使用すれば、AutoCADの3DモデルとLUMION 10.3の同時リアルタイム接続が可能です。AutoCADでモデルの形状の変更や更新を行うと、LUMION上でもその変更・更新内容が反映されます。 ...
    • Lumion 12 環境の作成

      ​ 作成バージョン:Lumion 12.0 Pro
    • Lumion Viewer について

      Lumion Community(メーカー)のニュース告知にLumion Viewerに関する情報が公開されました、下記リンクのセクション4を参照ください。 Lumion Community:Lumionの新バージョンとさらなるアップデート! Lumion Viewerの需要が少ないため、弊社チームはViewerの開発のための時間をLumionの主要製品に集中させることを決定しました。Lumion 2023の発売日には、Lumion ...
    • Lumion 12.3 カスタムデカール

      作成バージョン:Lumion 12.3 Pro