Lumion 12.3:リリースノート

Lumion 12.3:リリースノート



Lumion 12.3:リリースノート

【互換性】
  • Lumion 12.3で保存されたプロジェクトやモデルは、古いバージョンのLumionでは開けません(=下位互換性はありません)
  • 以前のバージョンのLumionから設定、モデル、プロジェクトを移行する方法については、以下のリンクをクリックしてください。

注:アスタリスク(*)が付いた機能、モデル、およびマテリアルは、Lumion 12.0Proのみ使用できます。


[ 製品 ] > [ 
仕様 ]タブも参照してください。
  1. Lumion 12.3の仕様

1. 新機能のハイライト

1.1:ボリュームライト*

(カメラモード、ムービー、パノラマモード:ライティングカテゴリ)

オムニライトがボリュームライトエフェクトに含まれるようになりました。
これにより、このエフェクト内で両方のタイプのライトを混ぜて使用することができます。
※オムニライト使用可能に伴い名称をボリュメトリックスポットライトからボリュームライトに変更しました。



Lumion 12.3では、改良されたボリューメトリックライトエフェクトにより、インテリアやエクステリアにより豪華な光の輝きを追加することができます。
この繊細なライトはワンクリックで空間に暖かく魅力的な光を吹き込みます。霧や、雰囲気のあるリアルスカイ、降水と一緒に使えば、瞬時に素晴らしい結果を生み出します。
  1. 霧のかかったムーディーな夜のレンダリング
  2. イベントライトのビジュアル化
  3. クライアントを喜ばせる映画のような効果
  4. インテリアやエクステリアの撮影で、ホコリや霧、水蒸気を表現
  5. 空間のボリューム感を拡大

1.2:カスタムデカール*

Lumion 12.3では、独自のデカールをインポートして、マテリアルにあなたの個性やキャラクターを加えることができるようになりました。

カスタム画像をインポートして、任意の面に配置するだけで、画像はその下のマテリアルの特徴やテクスチャを引き継ぐことができます。




カスタムデカールのインポート機能を、ディスプレイスメントマップや風化などの他のLumion機能と組み合わせることで、あなたのマテリアルをさらにユニークで個性的なものにすることができます。




1.3:カスタムナンバープレート

Lumion 12.3では、車のナンバープレートも読み込むことができます。

  1. トランスポートカテゴリ:このカテゴリにカスタムナンバープレートを追加するオプションがあります。


1.3.1:ナンバープレートセットは、前方と後方のカスタマイズが可能で、最大10種類をプロジェクトに作成、保存、ロードすることができます。



また、プレートを任意のサイズに拡大縮小できる専用パネルも利用できます。



1.3.2:プリセットのナンバープレートの内容に関する免責事項として、インフォボックスが追加されました。




1.4:複数の写真セットのレンダリング

複数の写真セット、または異なる写真セットに属する写真の選択レンダリングが可能になりました。
この機能により、多数の画像をレンダリングする必要がある場合にワークフローを向上させることができます。




レンダリング用に選択された写真の総数は、写真セットのラベルの下に表示され、セット内の除外された写真はグレーアウトして表示されます。
デフォルトでは、すべての写真が選択されています。




2. その他の新機能と改善点

2.1:編集モード

2.1.1:レイヤー

Lumion 12.3では、編集可能なレイヤーが32にされました。



2.1.2:オブジェクトライブラリの改良 - アニメーション付きネイチャーライブラリ

新たにアニメーション化された110種類の雑草をはじめとするネイチャーオブジェクトで、風景を生きた体験に変えましょう。
これまで静止していたものが動き出し、ディテールに富んだ生き生きとしたアニメーションのためのコンテクストを作り出すことができます。




2.2:インポート

  1. .SKPと.DWGファイル用の新しいインポーターが使用されるようになりました。


2.3:マテリアル

スタンダードマテリアル
  1. ワックス塗装と透明度:ワックス塗装と透明度のスライダーは、これまで1つずつしか調整できませんでしたが、同時に調整することができるようになりました。


2.4:サンプルプロジェクトとテンプレート

Lumionの機能を紹介するために、2つの新しいサンプルプロジェクトが導入されました。



新しいサンプルに含まれる内容
  1. Kaufmann House:リアルなランドスケープの作成、雰囲気のあるエフェクトセット、デカール
  2. Streetscape:アニメーションオブジェクトとボリュームライトを使用した都市シーンの設定

2.5:その他

ドラッグ&ドロップ
  1. LS12ファイルをLumionにドラッグ&ドロップして、プロジェクトにロードまたは結合できるようになりました。
    これは、編集モード(コンテンツライブラリモード)と、プロジェクトがロードされた後の開始画面の両方で行うことができます。



  2. 編集モードでモデルをドラッグ&ドロップしてインポートすることもできるようになりました。



3. 変更点と解決されたエラー

編集モード

3.1:オブジェクトとオブジェクトライブラリ

3.1.1:検索機能

  1. 2つの検索語('new ...')を使用すると、2つ目の検索語をスキップするのではなく、正しいオブジェクトが返されるようになりました。
    例:new chair

3.1.2:ナンバープレート

  1. イギリスのナンバープレートの前方と後方の色が異なるようになりました。

3.1.3:オブジェクトライブラリ

  1. エフェクト>デカール:異なる方向の複数のデカールを選択しても、回転がリセットされなくなりました。
  2. エフェクト>噴水:明るさスライダーは、色を変更しなくても期待通りに動作するようになりました。

  3. ユーティリティ>ランドスケープカッター:ランドスケープカッターオブジェクトを1つ選択した場合のみ、コントロールポイントが表示されるようになりました。

  4. 各種オブジェクト:マテリアルが破損していたライブラリの一部のオブジェクトに対して、正しいシェーディングが行われるように修正されました。
  5. 各種オブジェクト:特定のオブジェクトがメタリック仕上げにならないように、マテリアルが修正されました。

  6. 各種トランスポートオブジェクト:運転手のいないオブジェクトに対して、「運転手の表示」トグルを表示しないようにしました。
  7. 各種トランスポートオブジェクト:メタリックスライダーの影響を受けないオブジェクトに対してスライダーは削除されました。

3.1.4:ライト

  1. スポットライト:カスタムIESプロファイル名が正しく表示されるようになり、ユーザーインターフェースに適合するようになりました。
  2. エリア/ラインライト:複数のエリア/ラインライトの選択時に、幅、長さ、フォールオフの値を変更すると、選択範囲全体に更新されるようになりました。

3.1.5:レイヤー

  1. 選択したオブジェクトを非表示レイヤーに移動:選択したオブジェクトを非表示レイヤに移動する際、マウスの右ボタンをクリックしないとLumionが応答しなくなることがなくなりました。
  2. 非表示レイヤーの可視性:「エフェクト適用下で編集」で非表示レイヤーを選択しても、編集モードに戻ったときに表示されなくなりました。
  3. エフェクト適用下で編集:写真、クリップ、パノラマに適用されるレイヤーの可視性エフェクトのレイヤーの状態は、「エフェクト適用下で編集」開始時に尊重されるようになりました。

3.1.6:グループ

  1. グループのコリジョン:グループをプロジェクトに配置する際に、そのグループ自身の非表示のコピーと交差しないようになりました。
  2. グループ内のオブジェクトの移動:グループ内のオブジェクトを選択すると、それらのオブジェクトを移動できなかったため、移動ギズモが削除されました。
  3. グループの作成:グループの作成時に UNDOアクションがリセットされるようになりました。
  4. グループの編集:グループ編集時の移動、回転、拡大縮小に UNDOアクションが追加されました。

3.1.7:ランドスケープ

  1. 高度:ランドスケープの高度を変更した際に、非表示レイヤーのインポートモデルの位置が更新され、両者の相対的な距離が同じになるようになりました。
  2. 高度:ランドスケープの高度をからムービーモードに切り替えた後、カメラが不正なコリジョンデータに影響されないようになりました。

3.1.8:その他ユーザビリティの向上

  1. オブジェクト間のスペースを均等にする:挿入点からオブジェクト間の距離を正確に測定することができるようになりました。
  2. 置き換える:挿入ポイントがオブジェクトの実際の中心から少しずれた位置に表示されることがなくなりました。
  3. オブジェクトをノードに配置する:配置するオブジェクトがライブラリで選択されていない場合、[OK]ボタンが表示されなくなりました。
  4. パフォーマンスモニタ:ファインディテールネイチャーオブジェクトとサウンドオブジェクトがパフォーマンスモニタでカウントされ、メインカテゴリ(ネイチャー、それぞれエフェクト)の下に表示されるようになりました。
  5. パフォーマンスモニタ>FPSカウンター:トランスポートカテゴリーで複数のオブジェクトを選択しても、FPSが大幅に低下することはなくなりました。

3.2:マテリアル

  1. マテリアル>スタンダードマテリアル:SHIFTキーを押しながら透明度を微調整すると、スライダーが0.01に近い値で丸められるようになりました。
  2. マテリアル>スタンダードマテリアル:.PNGの透明度が正しく表示されるようになりました。
  3. マテリアル>スタンダードマテリアル:[ノーマルマップを反転する]ボタンは、[カスタムマテリアル]リストにマテリアルを追加した後に表示されます。
  4. マテリアル>3D芝生:3D芝生を適用する面のメッシュテッセレーションを改善し、効率化とメッシュの三角形が欠けないようにしました。

3.3:インポート、エクスポート

  1. カメラのLiveSync:一部の機種では、カメラとの同期に時間がかかることがありました。このプロセスを改善し、カメラの同期をより迅速に行えるようになりました。
  2. .FBX形式:ジオメトリの法線は期待通りに表示され、元の3Dモデリングソフトウェアでミラーリングされた後にインポートされたオブジェクトの法線が反転することはなくなりました。
  3. .OBJ形式:SEMAからインポートされたモデルは、正しい縮尺(メートル)でインポートされるようになりました。


3.4:カメラ、ムービー、360°パノラマモード

  1. 透明度のある発光マテリアルは、印刷/ポスター解像度で正しくレンダリングされます。以前のバージョンでは、発光の値は無視されました。
  2. エフェクト(グローバルイルミネーション、ライト カラー、ボリュームライト)の編集中に以前に選択したライトオブジェクトが、編集終了後にプレビューで選択されたままにならないようになりました。
  3. プロジェクトに3Dテキストオブジェクトが含まれている場合でも、サムネイルが黒くならないようになりました。
  4. タイトルは、以前に選択された位置の名前を簡易表示しなくなりました。
  5. 出力拡張子:PC 上の既知のファイル拡張子が、レンダリングされた写真/クリップ/パ ノラマの拡張子を上書きすることはなくなりました。


3.4.1:カメラモード

  1. コンテキストメニュー:写真セット2以降の写真は、コンテキストメニューから削除できるようになりました。
  2. カメラモードへの移行:サムネイルの作成に失敗した場合、Lumionはサムネイルの生成をスキップします。


3.4.2:ムービーモード

  1. 「プレビュー内をクリックして更新する」というメッセージのちらつきを解消し、クリップセットをスクロールしても発生しないようになりました。
  2. 「ファイルから画像」「ファイルから動画」はそれぞれ「Clip from image file(画像ファイルからクリップ)」「Clip from Movie file(動画ファイルからクリップ)」に名称が変更されました。


3.5:エフェクト、スタイル

  1. 正投影:ボリュームライトは、正投影で正しくレンダリングされるようになりました。
  2. 正投影:3D ビューで、[目の高さ]が意図したとおりに動作するようになりました。

  3. ボリュームライト:平面反射において、選択された照明が正しくレンダリングされるようになりました。
  4. ボリュームライト:選択した照明が PureGlass マテリアルの背後に配置された場合、ガラスによって色付けされます。

  5. マテリアルハイライト:2Dキャラクターとキャラクタービルボードオブジェクトは、このエフェクトをマスクしないようになりました。
  6. フェージング:マウスホイールによるページ移動が可能になりました。
  7. グローバルイルミネーション、反射:この2つのエフェクトを同時に使用した場合でも、ランドスケープの芝生が表示されるようになりました。
  8. レイヤーの可視性:編集モードの可視レイヤーが、このエフェクトの設定の影響を受け上書きされなくなりました。
  9. 集団移動:2つ目のクリップでエフェクトを使用したときに、[パスの追加]ボタンが動かなくなることはなくなりました。

  10. 降水:SpeedRay反射を有効にしている間、傾斜面の水たまりでアーティファクトが作成されないようになりました。
  11. 降水:このエフェクトとバリエーションコントロールエフェクトを同時に使用しても、黒い四角の影が表示されなくなりました。


3.6:保存、読み込み、リカバリー機能

  1. 古い.LSファイルに含まれる3D芝生:Lumion 12.0.2 で読み込むとエラー('Out of memory')が表示され、読み込めなかった 3D芝生を含むプロジェクトは、正常に開くようになりました。
  2. 結合:[ユーティリティ]カテゴリのオブジェクトは結合されないため、この処理にカウントされなくなりました。
  3. リカバリーファイル:.LS ファイルをダブルクリックして Lumion を起動すると、自動的に破棄されるようになりました。
  4. インポート画面:長いモデル名が正しく表示されるようになりました。


3.7:ユーザーインターフェース

  1. インターフェイスの各種マイナーチェンジ:
    • ボリュメトリックスポットライト:オムニライトにも適用できるようになったため、ボリュームライトに名称が変更されました。
    • マウスホイールアップ/ダウンナビゲーション:ムービーモードでクリップをスクロールする際に使用できるようになりました。
    • トーストの通知:写真セットまたはイメージシーケンスをレンダリングした後にも表示されるようになりました。
    • その他、細かいテキストとレイアウトの変更。
  2. 翻訳:不足していた様々な翻訳を追加しました。
  3. ウォーターマーク
    • 編集モードで使用した場合、エディタの解像度に伴ってスケールすることはなくなりました。
    • Trial版、Pro Trial版、およびStudent/Faculty のために更新されました。


3.8:その他

  1. Lumion Viewer:ムービー/クリップの再生中に、高画質プレビューがレンダリングされないようにしました。
  2. サンプルプロジェクト:サンプルやテンプレートの様々な調整。



    • Related Articles

    • Lumion 12.0.2:リリースノート

      Lumion 12.0.2: リリースノート Lumion 12.0.2で保存した.LS12のプロジェクトファイルやモデルは、Lumion 11.5.1.2やそれ以前のバージョンでは開くことができませんのでご注意ください。 新バージョンのダウンロード方法など、詳しくは以下の記事をください参照ください。 ナレッジベース:Lumion 12.0.2に関する情報   1. 解決した問題 ...
    • Lumion 12.0.1:リリースノート

      Lumion 12.0.1: リリースノート Lumion 12.0.1で保存した.LS12のプロジェクトファイルやモデルは、Lumion 11.5.1.2やそれ以前のバージョンでは開くことができませんのでご注意ください。 新バージョンのダウンロード方法など、詳しくは以下の記事をください参照ください。 ナレッジベース:Lumion 12.0.1に関する情報   1. 解決した問題と改善点 編集モード オブジェクト ...
    • Lumion 11.0.2:リリースノート

      Lumion 11.0.2:リリースノート 【互換性】 バージョン11.0.2で保存された.LS11プロジェクトファイルとモデルは、Lumion 10.5以前のバージョンとの下位互換性がないことに注意してください。 新しいバージョンをダウンロードする方法などのその他、Lumion 10.0に関する基本情報は下記の記事をご確認ください。 ナレッジベース:Lumion 11.0.2に関する情報   解決された問題 次の場合にLumionがランダムにクラッシュすることはなくなりました。 ...
    • Lumion 10.0.2:リリースノート

      Lumion 10.0.2:リリースノート 【互換性】 10.0.2で保存されたシーンとモデルには、Lumion 9.5以前のバージョンとの下位互換性がないことに注意してください。 その他、Lumion 10.0に関する基本情報は下記リンクをご確認ください。 ナレッジベース:Lumion 10.0.2に関する情報  1. 変更と解決されたエラー 編集モード トロント近くの特定のエリアをダウンロードしようとしたときに、OpenStreetMapでLumionがクラッシュすることはなくなりました。 ...
    • Lumion 11.0.1:リリースノート

      Lumion 11.0.1:リリースノート 【互換性】 バージョン11.0.1で保存された.LS11プロジェクトファイルとモデルは、Lumion 10.5以前のバージョンとの下位互換性がないことに注意してください。 新しいバージョンをダウンロードする方法などのその他、Lumion 10.0に関する基本情報は下記の記事をご確認ください。 ナレッジベース:Lumion 11.0.1に関する情報   1. 新機能 ...