Lumionを使えば、あなたのビジョンに命を吹き込み、現実世界におけるデザインの役割について、より豊かで没入感のあるストーリーを語ることができます。 
想像力を掻き立て、クライアントが四方の壁の中でどのように生活が展開されるのかを完全にイメージできるようなストーリーです。

Lumionは、建築家がデザインを生活空間として提示するのに役立ち、
建物、そこに住む人々、そして彼らが持ち込むユニークな物すべてとの間の深い繋がりを捉えます。

レンダリングできるのは、建物だけではありません。 クライアントの夢の家、感情を揺さぶるデザインのストーリー、人生の舞台となる空間をレンダリングします。

最新バージョンのLumionは、そこで起こる日常的な活動によって、空間を生き生きと感じられるようにする機能を強化しています。 
あなたの想像力を解き放ち、部屋や建物、あるいはプロジェクト全体について、頭の中で思い描いている通りのストーリーを語ることができます。


Lumion 11.5:リリースノート

2021/6/1

Lumion 11.5 Pro, Lumion 11.5は、Lumion 11ユーザ向けの無料アップデートとして本日提供されています。
また、Lumion 11.5 Trial、Lumion 11.5 Pro Trial、Lumion 11.5 Student版も本日より提供されます。
新バージョンのダウンロード方法については、Lumion 11.5に関する基本情報は下記の記事をご覧ください。

  1. ナレッジベース:Lumion 11.5に関する情報

【互換性】
  • Lumion 11.0で保存されたプロジェクトやモデルは、古いバージョンのLumionでは開けません(=下位互換性はありません)
    これには、V11.0 からV11.3.1へのアップデートも含まれます。
  • 以前のバージョンのLumionから設定、モデル、プロジェクトを移行する方法については、以下のリンクをクリックしてください。
  1. ナレッジベース:Lumion 11.5に関する情報

注:アスタリスク(*)が付いた機能、モデル、およびマテリアルは、Lumion 11.0Proのみ使用できます。
[ 製品 ] > [ 仕様 ]タブも参照してください。

1. 新機能のハイライト

Lumion 11.5 Proでは、コンテンツライブラリに123個の新しいオブジェクトが追加され、レンダリングに人間味のあるタッチを簡単に加えることができるようになりました。

1.1:さまざまなバックグラウンドや文化を持つさまざまな子供、10代、大人を含む50の新しい3Dキャラクターでシーン全体で喜びを表現します。
これらの非アニメーションキャラクターは、プロジェクトの背景でコンテキスト、スケール、感情を伝えるのに最適です。


1.2:空間の個性的なアイデンティティを表現する、以下のような73の新しいレトロ風のオブジェクトが追加されました。
  1. ミキサー、冷蔵庫、トースターなど、36種類のキッチンオブジェクト
  2. カフェテーブルと椅子、ジュークボックス、ポップコーンメーカーなど、12種類のレトロな家具
  3. ソファ、デスク、チェア、テーブルランプなど、11種類の時代を超えたオフィス家具
  4. 時計、ラジオ、ミシン、テレビなど、14種類のスタイリッシュなアイテム


123の新モデルはLumion 11.5 Proに搭載されており、Lumion 11.5 Standardには37の新モデルと、全コンテンツライブラリの約1/3が搭載されています。

2. その他の新機能と改善点

2.1:編集モード
  • トランスポート>車:ショートカットキー[C]で車の色を変更する際、ランダムではなくなり、プリセットをループして色を選択できるようになりました。
  • マウスを何にも置いていない状態で[ESC]エスケープキーを使用すると、「置き換える」および「オブジェクトをノードに配置する」のアクションを終了できるようになりました。
  • サムネイルの拡大/縮小表示のトグルは、ライブラリコンテンツの上部、ページ番号の横に再配置されました。

2.2:エフェクト

  1. 設計図:X軸とY軸にオフセットを与えることでモデルの任意の要素(位置)にグリッドを合わせることができるようになりました。
  2. フォトマッチング:エフェクトのの編集中にフォトマッチングエディターをキャンセルすると、編集を開始した時点の設定に戻るようになりました。

2.3:インポートとエクスポート

  1. モデルの更新ボタン:インポートされたモデルのソースが、前回のインポート時にあった(保存されていた)場所で利用できなくなった場合、Lumionはデフォルトで「新しいファイルでモデルを更新」と表示するようになりました。

2.4:その他

  1. レンダリング中にLumion上部の「X」をクリックしたり、Windowsアプリケーションウィンドウから「アプリケーションを閉じる」メニューを選択してLumionを終了すると、レンダリングを一時停止し、レンダリングを継続するか停止するかを選択できるようになりました。 これにより、ユーザーが誤って「X」ボタンをクリックしてしまい、Lumionを終了する画面に直行してしまい、レンダリングの進捗がすべて失われてしまう状況を防ぐことができます。
  2. 動画テクスチャ:Lumion 11.5では、適用されたモデルが「インポート済みモデル」ライブラリから削除され、Lumionが再起動されると動画テクスチャが削除されます。
    (Lumionの開始時に、動画テクスチャの元がまだライブラリ内にあるかどうかを確認します。)
    以前は、動画をテクスチャとして適用したインポート済みモデルがフォルダー \Documents\Lumion [バージョン]\Miscellaneous\Video Textures で削除されたときでも、キャッシュファイルが常に削除されるとは限りませんでした。

3. 変更点と解決されたエラー

3.1:編集モード
  1. リアルスカイ:エフェクトスタックは、リアルスカイが編集モードで有効になっているかどうかを認識するようになりました。
  2. リフレクションコントロールオブジェクト:リフレクションコントロールオブジェクトには、レイヤーピッカーがなくなりました。どのレイヤーが表示されていても、非表示になっていても、オブジェクトは常に選択可能です。

    オブジェクトの位置の座標を入力するとキューブマップの反射がすぐに更新されるようになりました。
  3. 置き換える:リフレクションコントロール、テキスト、クリッププレーンなどのユーティリティカテゴリーのオブジェクトには適用できないようになりました。

オブジェクト:

  1. ユーティリティ:クリッププレーンがパーティクルエフェクトやその他のユーティリティオブジェクト(噴水、炎、ボリュームのある炎、煙、霧)もクリップするようになりました。葉と噴水(メッシュベース)はすでに実装されています。
  2. 3Dアニメーション付きキャラクター:HSV/RGB/HEXテキスト入力時、常にキャラクターの色を変更できるようになりました。
  3. エフェクトオブジェクト編集時、カメラが少し移動した後のオブジェクトとマテリアルの選択のハイライトが改善されました。
  4. ボリュームのある炎:カスタムテクスチャを読み込むときに、オブジェクトの名前を更新し、使用されたテクスチャの小さなサムネイルを表示するようになりました。
  5. ネイチャ―:「Grass Clusters」が斜面に置かれたときに、風で歪むことがなくなりました。
  6. 男性_3D:「Man Asian 0009 bicycle」の自転車のフレームが着色のオプションに含まれなくなりました。
  7. 「11009 m Sahir」は現時点ではカラーリングができないため、カラーホイールを削除しました。
  8. 噴水:重力が再び作用するようになりました。
  9. 雑草:「Ground Ivy 003」一部の不正なテクスチャ座標(UV)を修正しました。
  10. 雑草:「Ground Ivy 002」テクスチャの一部に開いていたの穴を修正しました。

レイヤー:

  1. Lumionプロジェクトを開く際に、最初に表示されるレイヤーが選択されます。これにより、非表示のレイヤーが選択されることはなくなりました。

その他:

  1. OpenStreetMap:OpenStreetMapを開いたり、GPS座標ボタンをクリックした際Lumionがクラッシュしなくなりました。
  2. アニメーション化されたいくつかのインポートモデルが、ビューにあるときにビューからカリングされなくなりました。

3.2:カメラ、ムービー、パノラマモード
カメラ、ムービー、パノラマモード:
  1. カメラスロット、クリップ、ムービー全体、パノラマに「リアルスカイ」を適用すると、期待される様々なエフェクトがブロックされたり、無効になったりします。
  2. 編集モードで「リアルスカイ」を有効にした場合のみでも、ボリューム雲が期待通りにレンダリングされるようになりました。
  3. アイレベルを編集:他のプレビューの問題を避けるために、最大値を9999.00mに制限しました。

ムービーモード:

  1. エフェクトスタックで、「ムービー全体」と「クリップ」の両方にエフェクトが使用されている場合、警告アイコンが表示されるようになりました。クリップに設定されたエフェクトは、常にクリップ全体の同じエフェクトを上書きします。 

3.3:エフェクトとスタイル
正投影:
  1. ファークリッププレーンを5000mに増やしました。これにより、正投影ビューでより広い範囲がフレーム化されます

  2. カメラがエリアライトに垂直な場合に、正投影レンダリングでエリアライトが表示されないという問題がありました。 また、ノーマルマップが空白の一部のマテリアルもこの問題の影響を受けます。

  3. 煙エフェクトがファークリッププレーンとニアクリッププレーンでクリッピングされるようになりました。

  4. 「ムービー全体」の 二点透視と「クリップ」の正投影が組み合わされている場合でも、影が正しくレンダリングされるようになりました。


フォトマッチング:

  1. 誤って基準点を空に置いてしまうことがなくなりました。


「クリップ」に適用されたエフェクトは、常に「ムービー全体」で設定されたものよりも優先されるようになりました。 これまでは、一部のエフェクトが「ムービー全体」と「クリップ」の両方に2回適用されることがありました。

影響を受けるエフェクトは以下の通りです:
手持ちカメラ(フィルムの年季/放射状グラデーション)、色収差、フィッシュアイ、アウトライン、パステルスケッチ、イメージオーバーレイ、フェードイン/アウト、
スケッチ、シャープ、ペイント、ヴィネット、ノイズ、水彩、ブルーム、アナログカラーラボ、マンガ、彩度調整、ブリーチ、ブリーチ、カートゥーン、設計図、油絵


3.4:マテリアル
  1. プロジェクトをロードすると、Lumion はディスプレイスメント マップが空であってもディスプレイスメントを削除し、ディスプレイスメント値を 0 に設定して、一部のマテリアルのテクスチャを変形させないようにします。

3.5:その他
  1. クラッシュダンプ:Windowsのタスクバーの位置による、クラッシュダンプウィンドウのコンテンツをオフセットをなくしました。

ユーザーインターフェース:

  1. ムービーモード:レコード/編集でカメラのキーフレームを削除する際のインターフェースをフォトモードと同じにしました。

  2. リアルスカイの選択画面:タブのカラーリングを調整し、読みやすくしました。
  3. オブジェクト ライブラリで、最後のページ番号が選択されていない場合、最後のページ番号が白で強調表示されなくなりました。
  4. 霧エフェクト:明るさスライダの値が1.00より大きい場合、カラーピッカーの値が100%の明るさの選択にジャンプしなくなりました。
  5. クリップ再生時間の編集:「<」と「>」のボタンが「-」と「+」に変わり、時間を調整できるようになりました。
  6. 展開されたレイヤードロップダウンで、必要に応じて他のインターフェイス要素との相互作用を妨げるようになりました。
  7. フォトマッチング:「方向」スライダーの横にある 2 つのボタンの外観が同じになりました。
  8. ムービー全体のレンダリング:「ムービー全体をレンダリング(mp4形式)」や「クリップ全体をレンダリング(mp4形式)」を実行したときに、「ビデオの音声が一部のメディアプレーヤーで再生されない場合があります」という警告メッセージが常に表示されるようになりました。

その他の修正

  1. ミュージアムのサンプルプロジェクト>写真モード:タイトルテキストが表示されている影とより一致するようになりました
  2. ムービーモードのチュートリアルの外観を若干調整しました。
  3. Lumion は、ダウンロードされた翻訳ファイルやリカバリーファイルに対して、メジャー、マイナーのバージョン番号に基づいて、固有の appdata\local フォルダを使用するようになりました。

3.6:Lumion Viewer
  1. OpenStreetMapのテクスチャやジオメトリが表示されるようになりました。